妊娠・出産・育児の情報サイト


睡眠時間が欲しい!祖母に教わった方法で5時間連続で寝てくれた

f:id:akasuguope01:20171220130337j:plain

我が家には7歳と1歳のヤンチャな男の子がいます。

私は里帰りをし、実家の近くの産院で出産、退院後1ヶ月間は実家でお世話になりました。

実家での育児中、子供はどうしても夜に長い時間寝てくれませんでした。それに付き合っている私は、もちろん眠くてたまりません。そんな状態だったので、赤ちゃんが泣いているのに気づけず、2階にいた母に起こされた日もありました。

 

後日、ひ孫の顔を見に来た祖母にこのことを相談したところ「日中グズるとすぐに抱くからよ。少しはグズらせていても大丈夫だから!」と言われました。藁にもすがりたかった私は、すぐに実践してみることにしたのです。

バウンサーで寝ていた息子がグズグズ…。今までならすぐに抱き寄せていましたが、遠くから見ていることにしたのです。

「大丈夫だから、見てなさい」という祖母の言葉を信じ、遠くから様子を伺っていると、赤ちゃんが諦めたかのように泣き止み、手足を動かしひとり遊びを始めました。

私はびっくり!さすが祖母だと思いました。

祖母はグズグズすればママがすぐに抱っこしてくれると分かっていて、甘えてやっていることもあるのよ、と教えてくれました。ひとり遊びをしている間に顔を覗き込んでも、泣き出すことはありませんでした。

そして迎えた夜。今までは3時間ごとにミルクのために起きていた息子が、なんと5時間も続けて寝てくれたのです。

私も5時間ゆっくり寝ることができ、久しぶりにすっきりした気持ちで朝を迎えることができました。

祖母から教わったこの方法は、次男を出産したときも実践し、次男のときは、すぐに5時間、6時間睡眠のサイクルができました。

もちろんぐずっても抱っこしない作戦は毎回のようにやるのではなく、遊んであげられるときは遊んであげたり、寝かしつけるときの抱っこはたくさんしてあげるなど、抱っこ不足にならないように注意しながら行いました。

個人差はあると思うので必ず成功するとは限りませんが、うちの子たちにはこの方法があっていたみたいです。

その後お座りや、ハイハイを覚えた頃には積極的にお散歩に行ったり、親子サロンで体を動かし始めたりすると、早寝早起きが身につき夜泣きもあまりしなかったので、さらに十分な睡眠時間を取れるようになりました。

夜たくさん寝てくれるおかげで、朝一に飲むミルクの量が増え、ちょい飲みがなくなった分洗い物も減って嬉しい限りです。

ただ、睡眠時間が長くて少し困ったことは、オムツ替えも数時間しないままなので、おしっこが漏れてしまっていることが何回かあったことです。

でも、睡眠時間は子供にとっても親にとっても大事なものです。祖母には本当に感謝しています。

 

f:id:akasuguope01:20171220125810j:plain

著者:まっち
年齢:27歳
子どもの年齢:7歳、1歳

子育ても、仕事も、家事も、遊びも手抜きのできないまっちです。子供にはいろいろな経験をしてもらいたいと思い、興味があることには触れさせてあげられるように日々過ごしています。離婚歴があり、悩んだこともあったけど今の自分がいるのは家族がいるから。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。