妊娠・出産・育児の情報サイト


出産がテーマのテレビドラマに感謝! 2人目妊娠中、夫の変化に驚きました

f:id:akasuguope01:20180110141832j:plain

約5年ぶりに妊婦となり、出産予定日に向けての新たな生活が始まりました。

妊娠が分かった時、新しい生活に向けて気を引き締める様子が見えた主人。1人目の時より妊娠・出産に対しての理解があったからか、とても協力的になった夫に正直驚きました。

というのも、上の子を妊娠していた時には、まだまだ分からないことだらけで不安だった私の気持ちをよそに、ひたすら暢気だった夫。

妊娠中の女性の身体や心の変化に戸惑うだけで、他は今までとなんら変わらない生活態度に、私はイライラしていたのです。

そんな過去があったので、2人目を妊娠した時もそのような感じかなと思ったのですが、違いました。

ちょうどその頃、妊娠・出産をテーマにしたドラマが放送されていたのですが、夫婦で食い入るように見ながら号泣することも多かった私たち。そんな時ドラマを見ながら主人がふと「1人目の妊娠中は、妊婦さんや出産への理解が足りなくて、俺ダメだったな」と反省しだしたのです。

私は驚いて、思わず「そうだね」と正直に伝えていました。

具体的な変化といえば、私は仕事をしていたのですが、毎日お昼休憩の時に「体調はどう?」など気にかける連絡がこまめにあったことです。立ち仕事だったため、心配してくれていたようでした。

また、自分の仕事を早めに切り上げ帰宅してくれ、上の子のお風呂など育児、家事を少しずつ手伝ってくれました。これは本当に助かりました。

そして、休日もダラダラすることが減って、積極的に上の子を外に連れ出してくれました。妊娠初期、体調が不安定だった私は、貴重な1人時間をもらい身体を休めることができました。

ただ、少し残念だったのが、気付けば近所にある私の実家に助けを求め、私の母が上の子をみていることが多かったこと。

それから、1度私の悪阻がひどい時期に、主人が飲みに出かけることが続いたことで体調を崩して家で嘔吐したことです。悪阻の中、これはウイルス性? 感染しない? と心配しながら夫が汚したものを片づけた時は、本当に辛く、イライラが止まらなかったです。

そんな主人を知ってか知らずか、周りにいる先輩パパやママに「2人目だし妊婦さんは大変なことも多い」、「しっかりフォローできるようにパパは頑張って!」と尻を叩かれている夫。そんな姿を見かけ、私は心でガッツポーズ! どんどんアドバイスして下さい! なんて思っていました。

まだ多少の不満はありますが、2人目の妊娠を機に、少しずつですが協力的になり、育児もしてくれるようになったのはとても嬉しかったです。2人目の妊娠のおかげで、改めて家族として支えあうことができ、より家族らしくなってきたかな? と感じています。

f:id:akasuguope01:20180110141935j:plain

著者:haru#hima

年齢:35歳
子どもの年齢:6歳、1歳

神奈川県在住、2人の子供と楽しく忙しい毎日を送っている35歳ママです。二人育児の大変さを実感しつつも、姉弟でじゃれあっている姿を見て微笑ましく思っております。子供たちの笑顔が大好きなマイペース母ちゃんです。最近では、家事・育児をこなしながらお仕事も頑張りたいと思い、生活のバランスについて真剣に考えています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。