妊娠・出産・育児の情報サイト


1歳の息子はフェルトのおもちゃに夢中。フリマやバザーでハンドメイドものをゲット

f:id:akasuguope01:20180127094204j:plain

息子が1歳になったばかりのころ、フェルトの手作りおもちゃでよく遊ぶようになりました。ちょうどその頃は、子育て支援センターや友達の家で遊ぶ機会が多かった時期。さまざまなおもちゃがあるのですが、その中でも必ずといっていいほどおままごとセット、ボール、電車つなぎなど、フェルトのおもちゃで遊んでいたのです。

そんなに気にいっているのならば作ってあげたいとも思いましたが、私はかなりの不器用。インターネットで情報を集めたり、ママ友に教えてもらったりして簡単にできそうなものにトライするものの、私が作ったよくわからないものには興味を示さない息子でした。

なかなか市販で手作り風のフェルトのおもちゃを見つけることができず、どうしようかと結構長い間悩んでいました。しかし、たまたま参加した近所のバザーで探していた商品をみつけたのです。

最初に参加したのが幼稚園のバザー。自分で作れないからこそ、ハンドメイドものが好きな私。その日もハンドメイドものをゲットするために、バザーにお邪魔していたのですが、フェルトでできたお弁当セットを発見!息子に見せたところ案の定離しませんでした。親子で大喜びで購入し、自宅に帰宅後もずっと遊んでいます。

その後もフリーマーケットや教会のバザーなどに参加し、だんだんと我が家のフェルトのおもちゃも増えていきました。

 

我が家のフェルトのおもちゃは、息子の友達にも大人気です。我が家に遊びにきた友だちは男女、そして年齢問わず、必ずフェルトのおもちゃで遊んでいます。ハンドメイドのよさは、年齢や性別問わず好まれる、といったところでしょうか。

フェルトの手作りおもちゃが我が家に仲間入りして5年以上経過し、かなりの頻度で遊んでいますが、未だに現役で使える状態というのも嬉しいところ。

その後に産まれた2歳の子どももやはりフェルトのおもちゃが大好きで、0歳の頃から大喜びで遊んでいます。

どのおもちゃも温かみがある色彩、優しい手触り、一針一針とっても丁寧に縫われていて、私が見ているだけでもうっとりするほどです。「私もこういうのを作ってあげたかったなぁ」と思うと同時に、偶然でしたが手に入れることができよかったと思っています。

 

f:id:akasuguope01:20180127093527j:plain

著者:ゆめさい
年齢:34歳
子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている? ふりわましている? 3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年……。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。