妊娠・出産・育児の情報サイト


乳児湿疹が酷くなり…色々試した結果、頼りになったのは専門医の存在。 by ぽんぽん

元気なピンク色の肌で生まれてきた長男。

黄疸の治療以外はなんの問題もなかったのですが、生後1ヶ月が過ぎた頃、肌が赤く荒れるようになってきました。

f:id:akasuguedi:20180323102357p:plain

妊娠中から育児書を読みあさっていた私は、乳児湿疹の知識もある程度頭に入れていたので、事前に取り入れていた知識をフル活用し、すぐに対応しました。

f:id:akasuguedi:20180323102417p:plain

しかし

f:id:akasuguedi:20180323102437p:plain

母親であるわたしも肌が弱く、化粧品が合わないとかぶれたり赤くなったりするので、長男もきっとそうなのだと思いました。

実際にブログや口コミ、育児の体験談などを見て「せっけんを変えたら肌が綺麗になった」とか「保湿剤をオーガニックにしたら乳児湿疹があっという間に良くなった」という声を聞いていたので、長男の肌に合うものを探してあげようと決意。

f:id:akasuguedi:20180323102502p:plain

それから1ヶ月弱色々試してみたのですが、一向に良くならず・・・

f:id:akasuguedi:20180323102528p:plain

育児書にかいてある一般的な対応法は諦めて、出産した産院に付属している小児科へ行くことにしました。

しかし小児科でも

f:id:akasuguedi:20180323102548p:plain

育児書に書いてあることを再度言われただけ。

もうすでにその対応はしていること、それでも酷くなる一方なので相談しにきたことを話したのですが、
もう少し月齢が進めば落ち着くから様子を見てね。との返事。処方された薬も自分でも手に入れることのできる市販の保湿剤だけでした。

カサカサブツブツの顔で機嫌の悪い長男をこのままにすることも出来なかったので、私のかかりつけの皮膚科へ相談に行くことにしました。
(事前に生後間もない乳児でも対応してくれるか確認を取りました)

そして言われたのは・・・

f:id:akasuguedi:20180323102715p:plain

小児科の先生や育児書とは真逆のことを言われました。


長男は私と同じ肌質だそうで、軽いアトピー性乾燥肌とのこと。(アトピーと言われたのはもっと後のことですが)
ただの乳児湿疹だと思って対応していても、きちんと長男の肌に合った処置をしないと治らなかった(治りが悪かった)のです。

それから一週間。

f:id:akasuguedi:20180323102752p:plain

はじめから専門医である皮膚科に相談に行けばよかった!と思うほど、目に見えて良くなっていきました。

全員が全員、このやり方で合うわけではないと思います。
皮脂が多過ぎて洗わないと肌が荒れてしまう子もいれば、長男のように元々の皮脂量が少なくて乾燥しやすい子もいて、市販の保湿剤が合う子もいれば合わなくて余計に肌が荒れてしまう子もいる。

初めての育児で、何が我が子に合うのか、どのやり方が我が子にとって一番なのかを手探りで行っていかなければいけない中でしたが
なによりも一番に専門家・専門医に相談するのが一番早いと痛感した出来事でした。

f:id:akasuguedi:20180327231711j:plain

少量ずつ使ってあとは使わなくなったベビー化粧品は、同い年の赤ちゃんがいる仲の良い友人に全てあげました…笑

 

 

f:id:akasuguedi:20170509102050p:plain

著者:ぽんぽん
年齢:30歳
子どもの年齢:1歳、3歳

妊娠・出産・育児にあれこれ理想を抱いていたが、なかなか思い通りにはいかず空回りしまくる日々。次男の出産を機に育児ブログを書き始める。日常の出来事や成長記録、悩みなどを老後に読み返して懐かしむために残しています。

ブログ:ぽんぽん子育て

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。