妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんにミルクだけで大丈夫?悩んでいた時に救われた義母の話

f:id:akasuguope01:20180111144321j:plain

私が出産した産院での産後指導は、母乳とミルク半々で授乳してくださいというもので、無理に完母にする必要はないと言われていました。

娘は2,400グラムと小さめで産まれたため、もっと大きくなってほしい気持ちがあった私は、退院後も母乳をあげつつ、ミルクも積極的に与えていました。ただ、実母や祖母は完母だったため、母乳の方がいいんじゃないと度々言われていました。

夜の授乳で起きてミルクを作る私を見た実母に、母乳の方が楽だよと言われたり、歩いていると声をかけてくださるご老人の方から「母乳?」と聞かれるたび、なんだか悲しい気持ちになっていました。

実は乳首が硬く、長く吸わせていると痛かった私。でも母乳にしたくて痛いのを我慢しながら一生懸命あげていると、ついに乳首の先に血豆のようなものができてしまったのです。

とにかく痛くてしょうがなかったため、治るまでミルクのみで授乳することにしました。そして2週間後乳首が治ってから、再びミルクと母乳半々にしましたが、この2週間で母乳の出があまりよくなくなってしまったのです。

悩んだ私が夫にそのことを話すと、「なんでミルクじゃダメなの?」と聞かれました。
私が「母乳の方がお金もかからないし、免疫もあげられるからだよ」と答えると、夫はお金に関しては、母乳だからいっぱい食べなければいけない等母乳だからかかる費用もあると触れた上で、「俺は健康だからそんなに関係ないんじゃない?」というのです。

そうです。実は夫の母である義母は、完ミだったそうなのです。

義母に聞いたところ、義祖母も完ミだったそうで、義祖母の頃にはミルクだけでは栄養が足りず、ミルクの後に栄養剤をスポイトであげていたと聞きました。

また、夫は3人兄弟ですが、みな健康で、風邪もあまりひかず、子供の頃も活発で困るくらいだったそうです。

そして、いまのミルクは品質もよくて栄養も豊富だから、昔よりもずっと気にしなくて大丈夫だよと言ってくれました。

 

身近で、育児の先輩でもある義母や義祖母に言ってもらったことで、私の気持ちはとても軽くなりました。日頃ミルクを飲ませていることに悩んでいた私ですが、悩んでいることを言えず、気にしていないように振舞っていました。それを吐き出せたこと、ミルクでも問題ないと聞いたことで肩の荷が降りたのかもしれません。

ミルクに慣れた娘は、3ヶ月頃になると実母が授乳することもできるようになり、そのことからか実母も特にミルクの件に触れなくなりました。
いま1歳になった娘は、走ったり転げ回って元気いっぱいに遊んでいます。

 

f:id:akasuguope01:20180111142925j:plain

著者:りっこ
年齢:25歳
子どもの年齢:1歳1ヶ月

裁縫や料理の好きなひとり娘を溺愛中の主婦。活発な娘に連れていかれる公園遊びが日課です。日々楽しい子育てを目指しながらも、初めての子育てに奮闘しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。