妊娠・出産・育児の情報サイト


量が増えて臭いにも変化が。見逃していた妊娠初期のおりものの特徴とは

f:id:akasuguope01:20180126220712j:plain

私は、4人目になる現在2ヶ月の長女を妊娠した際に感じた妊娠初期症状が、月経由来のものなのか、妊娠しているからなのか分かりませんでした。

普段の月経では、おりものの量が増え、においも酸っぱいものからきついものに変わります。色も茶色になって、おりものシートの交換が1日2回になるほどです。

しかし、妊娠した時も同じようにおりものの量が増え、臭いもキツく変わっていたために、妊娠したことを気が付くことができませんでした。

あとから思い返してみると、妊娠時と普段のおりものの違いは3点ありました。

まず、透明でとろみのある水のようなおりものが出た点です。あとから保健士さんに言われたのですが、これは、受精を手助けする働きがあるおりものだったようです。

そして生理予定日を過ぎた頃になると、おりものの状態は変わり、白く濁ってドロッとした粘りのある状態へと変わっていきました。

トイレットペーパーで拭こうとした際に、ドロッとしたおりものが糸を引き股の間から流れ落ちる、ということが多々起こったのを覚えています。とても違和感があり、不安に思いました。

その時はインターネットで調べることはしませんでしたが、周囲のママ友曰く「出産後は、子宮がまだ元の状態に戻っていないから、ドロッとした粘り気のあるおりものが出てもおかしくないよ」とのこと。ですのであまり気にしなくなりました。

さらにおりものの量が減るという変化も経験しました。生理予定日前までは量が増え、その後量が急激に減りました。ちょうど減った時期に薄いピンク色のような出血がありました。

月経かと思いましたが量が少なく、すぐに薄いピンク色から生理最終のような焦げ茶色の出血へと変化しました。今思い返せば、着床出血だったと思います。

ここで、夫の勧めで市の保健師さんへ相談したところ「おりものの症状からして妊娠しているのでは?」と言われ、ハッと驚きました。

慌てて妊娠検査をしたところ、結果は陽性。生理予定日から1ヶ月以上遅れての受診となり、主治医の先生からも「妊娠初期症状に気が付かなったの? おりものは、一番の妊娠のサインだよ」と言われました。

私は、妊娠のサインがおりものに出ていたのにも関わらず、それを見逃してしまっていました。日頃から思い込みはせず、普段と違ったおりもののサインを見落とさないようにしようと思いました。

f:id:akasuguope01:20180126141143j:plain

著者:tatto1
年齢:28歳
子どもの年齢:11歳、9歳、1歳6ヶ月、2ヶ月

現在専業主婦をしながら、4人の子供を育てています。慌ただしい毎日ですが最近では、長男が長女のオムツ交換を手伝ってくれたり、他の弟達の面倒をみてくれているので助かっています。趣味はイラストを描くことと創作料理です。最近では、キャラ弁にハマっており、4月から長男が中学生になるので毎日のお弁当作りが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。