妊娠・出産・育児の情報サイト


出産祝いに頂いたけど…。自分で選んで買いたかった離乳食の食器セット

f:id:akasuguope01:20180126171950j:plain
離乳食用の食器は全く購入していません。しかし、自分で買えなかったことを後悔しています。

まず、「全く購入をしていない」件に関しては、離乳食に使う食器のセットを出産前に友人からプレゼントとして頂いたからです。持ち手がついたお椀が大小二つ、両手の付いたコップが一つ、それからフォークとスプーンを一つずつでした。

離乳食初期はこの食器の数でも十分に対応可能でしたし、この時点では買う必要性が全くなかったため、追加購入などはしませんでした。

ただ、正直なところ、この食器の数では少し物足りないところもあったので、その時は大人も使っている陶器の容器も併せて使っていました。初期に関していえば、子供が自分で食器を手に持つことはないので、問題はありませんでした。

しかし離乳食後期になると、お椀二つでは全く食器が足りませんし、他の陶器の食器を代用するにしても、子供も成長して食器に手を延ばすので、割れるのではないかと少し怖かったです。

かといってメラミンなどの割れない素材の食器は電子レンジや食器洗浄機で使えないものが多く、メラミンにするか、陶器を使うかというのも悩みどころでした。

しかし、そう悩んでいるうちにもう一歳半。ここまでなると、今更赤ちゃん用の離乳食の食器を買う気にもなりません。

 

実は後悔している理由は、もらった食器が自分の趣味に合わないものだったので、あまり好きになれず……というところです。もちろん使うのは子供ですし、誰かに見せるというわけでもありません。頂いたものも、赤ちゃん用というだけでそれなりに可愛らしい食器ではありました。

しかし、それとこれとは話は別もので、時折買い物に出て自分が可愛いな、使ってみたいなという食器があると、どうしても「なんでもっと早い時期に買わなかったんだろう」と後悔が。

また、もらったセットには調理のセットは付いておらず、裏ごしの道具などは後日別途購入したので、逆に高くついてしまったような気もします。それもセットについているものを自分で買いたかったなあと思っています。

離乳食のセットを貰ったこと自体はありがたく嬉しかったのですが、中途半端な数のセットだったので少し使いにくかったのが残念でした。

今後、周りで出産のお祝いをする時があっても、離乳食のセットなどはその人の生活スタイルなどにも影響があると思うので、選びにくいプレゼントなのかもしれないなと感じました。

 

f:id:akasuguope01:20180126120825j:plain

著者:あきこ
年齢:35歳
子どもの年齢:1歳4ヶ月

結婚後数年子供に恵まれず、一年間の不妊治療の末ようやく生まれて来た男の子を溺愛するまだまだ新米ママ。常に寝不足と戦いながら周りの家族に支えられつつ、日々進化していく息子に驚きと喜びと、ほんのちょっとの怖さを感じています。驚異の成長を続ける息子と共に私も成長していきたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。