妊娠・出産・育児の情報サイト


寝返りはいつ?気にして特訓したけど子どものペースがあることに気づき反省

f:id:akasuguope01:20180216125641j:plain

母子手帳には、寝返りは生後4ヶ月から5ヶ月から始まると書いてあります。ですが、個人の成長によるものだということは、皆さんもご存じのとおりです。

我が子が寝返りを始めるようになったのは、生後5ヶ月初めの頃です。首がすわるのが遅かったためか、なかなか寝返りをすることができませんでした。私は寝返りをしない我が子を心配して、寝返りができるよう特訓をすることにしました。

まず、なぜ寝返りができないのか考えたところ、首がすわっていないからだと思った私。そこで、首すわりを目標に、首のまわりの筋肉を鍛えることにしました。方法は、1日1分程度、うつ伏せにすることです。これは、3、4ヶ月健診の時に医師から教わった方法でした。

わが子の場合は、脚力があるため、うつ伏せにすると足の力だけで起き上がろうとするのですが、頭を持ち上げることができず、「くの字」になってしまいます。ですので、最初は私が頭を持ち上げてあげながら、徐々に慣れさせていくことにしました。その甲斐あってか、1週間ほどが過ぎたころ、なんと自力で頭を持ち上げられるようになったのです。


そして、さらに1週間がたったころ、ある変化が起きました。なんと、まだ寝返りができないのに、まさかの寝返りがえりです。いつものようにうつ伏せに寝かせたところ、頭を持ち上げた反動を利用し上手に寝返りがえりをしているではありませんか! 

これには驚きました。確認のため、何度もうつ伏せにしましたが、同じように寝返りがえりをします。それまで心配していたのは何だったのだろう……というくらいあっけなくできるようになりました。

 

訓練した様子を見ていた夫から「ちょっと、スパルタだと思う。そのうち自然にできるようになるよ」と言われていたのを思い出しました。子供は時期が来たら自然にできるようになるのです。私は、少し周りを気にして焦り過ぎていたのではないかと反省しました。


その後は、特に訓練をすることもなく自然に任せることにしました。そして、生後4ヶ月終わりの頃に首がすわり、5日ほどで寝返りを始めました。

小さな子供がいれば周囲の人たちに「○○はもうできるようになった?」と聞かれることも日常茶飯事です。よく聞かれるからといって、気にしすぎず、子供のペースに任せようと思ったのでした。

f:id:akasuguope01:20180216121612j:plain

著者:あつこ
年齢:40歳
子どもの年齢:1歳

39歳という高齢で男児を出産、1歳のひとり息子が愛おしくてたまらない日々です。そして、毎日のように体力の衰えを感じながらも子育てに奮闘中。今後の自身の体力・精神力が子供の成長にどうすればついていけるか、先の長い挑戦をし続けていくことになりそうです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。