妊娠・出産・育児の情報サイト


夜がくるのが怖い…。10ヶ月から突然始まった3人目にして初の「夜泣き」

f:id:akasuguope01:20180127183404j:plain

赤ちゃんって夜泣きするの?」

3人目の子が新生児の頃から、いろいろな人によく聞かれました。多分深い意味はなく、会話の糸口なのでしょう。そこには、「夜は眠れているの?」という気遣いも隠されていたのかもしれないのですが、私はこう答えていました。

「夜は起きるけど、夜泣きじゃないですよ。おっぱいの時間だから泣いて起きるだけですよ」と。

私がそう答えていた理由には、「夜泣き」という言葉になんとなくネガティブなイメージを持っていたからです。

それに、「夜泣き」が実際どんなものなのか、上の子2人の乳児期に経験がないため、わからずにいました。

生後10ヶ月頃には、夜中の授乳は2回に定まりました。添い乳で飲んだらすぐに眠ってくれるので、私自身も疲れやストレスを感じることはありません。

上の子2人は1歳になったころから急に朝までぐっすり眠ってくれるようになったので、「きっと3人目のこの子もそうなるはず!ゴールは近いぞ!」という気持ちでいっぱいでした。

しかしです! 

10ヶ月半ばのある晩のこと。

夜中に4回も5回も起きては泣くのです。お腹がすいているわけでもないようですが、とにかくギャーッと泣いて目を覚まします。

少しあやすと眠ってくれるのですが、それが1~2時間おきに続きます。「珍しいな、こんな日もあるか…」と思って気楽に考えていました。

それが甘かった!

それからくる日もくる日も同じサイクルで目を覚ますようになりました。もしかして、これがいわゆる「夜泣き」なのかな…。3人目にして初めての経験です。

 

 

毎日続くと私も段々睡眠不足に。そして、体以上に精神的な辛さを感じるようになっていきました。また、まともに眠れない夜が来るのか…と思うと、就寝時間がくるのが怖いと感じるようになっていったのです。

何かできることはないかなと思い、11ヶ月頃から小児鍼やアロマを試すようになりました。どちらも効果は感じていますが、特にアロマは自分自身の楽しみやリラックスにつながりました。

寝室を安眠効果やリラックス効果のある香りで満たしておけば、眠れない時間も少しだけ心穏やかに過ごせるようになりました。

 

 

娘は1歳を過ぎましたが、相変わらず夜泣きは続いています。

いつまで続くのか分からないですが、「必ず終わりはくる!いつか朝までぐっすり眠ってくれる!」と思って、その日が来るのを楽しみに、今は少しだけ前向きに「夜泣き」と付き合っているところです。

 

f:id:akasuguope01:20180127182940j:plain

著者:Nana.e
年齢:40歳
子どもの年齢:10歳、6歳、1歳

10歳の娘、6歳の息子、1歳の娘を育てる3児の母です。目下、久々の赤ちゃんのお世話に奮闘中。主人も私も実家が遠方なため、頼りになるママ友達に助けてもらいながら、何とか育児を頑張れています。子どもたちが寝付いた後に、録画しておいたバラエティーやドラマを観るのが日々の楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。