妊娠・出産・育児の情報サイト


食欲旺盛すぎる1歳の息子。大人の食事まで欲しがります

f:id:akasuguope01:20180224111108j:plain

赤ちゃんの離乳食はとても手間がかかります。献立を赤ちゃん用に考えないといけませんし、食材も小さく食べやすいサイズに調理する必要があるからです。

我が家の三男の場合は、離乳食を始めた5ヶ月頃から食欲が旺盛!すぐに離乳食を次の段階、次の段階とどんどん進めていく必要がありました。

そして、1歳の誕生日を迎えた頃からは、その食欲はさらに増すばかりに。

家族が食べている食事を指さし、「ンっ! ンっ!」という表現で、その食べ物が欲しいと訴えてきます。しかし、大人が食べている食事は、1歳の三男にとってはまだ味も濃いですし、サイズも大きいためあげられません。私が「これは、あげられないのよ」というと、床に寝そべって泣き叫ぶようになってしまいました。



そこで、三男の離乳食は大人の料理の味付け前に取り分けをするようにして、できるだけ同じメニューを与えるようにしました。

しかし、三男は特に卵焼きやハンバーグが好きなため、オムライスやハンバーグを作った時は、自分に取り分けられている薄焼き卵やハンバーグを食べ終わっても、まだなお家族が食べている分まで欲しがっておねだりして回ります。

私や主人は、三男の体のことを考えて取り分けた食事以上は与えないようにしていますが、義理の母は、三男におねだりされると自分の分まで与えてしまうのです。

私としては義母にはあまりあげてほしくはないとは思っています。ただこちらの対策として、はじめから義母があげる分を見越して三男の取り分ける量を少なくするようにしました。そうすることで、たとえ義理の母が自分の分を与えても栄養バランスを超えることがないように心掛けています。

さらに、毎日のお菓子は出来る限り野菜のおやきやおにぎりなどにして、甘いお菓子を与えないようにしています。健診時に、「甘いお菓子やジュースは、虫歯の原因になるし、大量に与え過ぎると糖尿病の原因にもなる可能性が高い」と保健師さんに注意されたからです。



口いっぱいに頬張っておいしそうに物を食べる三男を見ていると、私の方まで幸せな気持ちになります。その笑顔をいつまでも見られるように、離乳食には気を付けていこうと思っています。

f:id:akasuguope01:20180224110444j:plain

著者:tatto1
年齢:28歳
子どもの年齢:11歳、9歳、1歳7ヶ月、3ヶ月

現在専業主婦をしながら、4人の子供を育てています。慌ただしい毎日ですが最近では、長男が長女のオムツ交換を手伝ってくれたり、他の弟達の面倒をみてくれているので助かっています。趣味はイラストを描くことと創作料理です。最近では、キャラ弁にハマっており、4月から長男が中学生になるので毎日のお弁当作りが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。