妊娠・出産・育児の情報サイト


危ない!!18段の階段を真っ逆さま転げ落ちた息子

f:id:akasuguope01:20180308152527j:plain

息子が1才11ヶ月頃のことです。我が家はリビングが2階にあり仕事場が1階という環境でした。私は仕事場で仕事をしていて、2階では旦那が息子を見ていてくれていて安心して仕事に集中できている筈…でしたが、突然大きな音がきこえてきました。

最初、階段上部に置いてあるギターが落ちたのかな?と思ったのですが、すぐに嫌な予感がしました。いらしていたお客さんも「あれ?なにか物でも落ちたのかしらね?」と仰っていましたが、嫌な予感に急いで仕事場から階段への扉をあけると、そこには泣きじゃくる息子を、アワアワと抱き上げてる旦那の姿がありました。

旦那への怒りを抑えながら、泣きじゃくる息子を旦那の腕から抱きとる私。私が抱っこすると息子はぴたりと泣き止んでくれました。

なにが起こったの?と、不思議そうに私の顔を見てくる息子に少し安堵しながら、旦那に事情を聞くと、なんと階段付近で、電車遊びをしていたところ、自分がスマホを触っていた隙に、パッと顔をあげたら既に息子の体が傾いて、あっというまに落ちていってしまったというのです。

階段近くで遊んでいるのに、注意もせずにスマホを触ってたのかよ!と正直旦那には怒りがこみ上げましたが、幸い大事には至らずに済んだようでした。もしかすると、見えないなにかに助けてもらえたのかな…と思うくらい。なぜなら18段の階段の一番上から真っ逆さまに落ちていったというのですから。



後遺症などその後もなく、たんこぶひとつすらない無傷で、息子はすくすくと大きく成長しています。

しかし、自分が階段を落ちたということは息子の記憶のなかにしっかり刻まれたようで、ついはしゃいで階段の近くあたりまで行ってしまうと「あ、だめだね。おむすびころりん、またしちゃうもんね」と言って、自分で気をつけてくれるようになりました。

階段を降りるときも、ふざけることなく1段1段をしっかりと踏みしめて降りてくれて、見ていても安心です。

ほんの一瞬目を離した隙で、一生後悔するかもしれない怖さを感じました。

 

f:id:akasuguope01:20180308152209j:plain

著者:hana8hana
年齢:35歳
子どもの年齢:3歳

ヨガ講師をしながら、3才男子の育児に奮闘中。元気いっぱいの3才息子はどんどんたくましく成長して、協力してくれるように。二人で力強く生きています♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。