妊娠・出産・育児の情報サイト


「完母で育てたい!」でも現実は、出ない母乳と痛い乳首との格闘でした…

f:id:akasuguope01:20180225120950j:plain

長男を出産した後、苦労したことのひとつに母乳育児乳首の痛さを挙げることができます。

初めから子どもはできる限り、完全母乳育児をしたいという気持ちが強くありました。ですから、長男を出産後、すぐに乳首を吸わせ、スムーズに授乳ができるよう練習をしていました。

しかし、初産の場合はまだ乳腺が開いていないことが多く、思ったように授乳ができないことも少なくありません。

私の場合もそうでした。

 

息子が吸いやすいように乳首の先端を柔らかくする乳首マッサージをしたり、母乳を出やすくするための体操を授乳前に行ったりしていましたが、効果はありませんでした。

新生児室へ3時間おきに母乳やミルクを与えに行ったのですが、その時他のお母さんたちは、自分の子どもに母乳を問題なく与えていました。

一方、私は慣れない手つきで息子の口元へと乳首をあてがっても、なかなか息子とタイミングが合わずに、息子は浅く乳首を咥えては、母乳が飲めずに泣いていました。

何度咥えさせても母乳は出ることはなく、頑張って絞っても10ccといった具合。仕方なく、ミルクを足して息子に飲ませていました。

思うように母乳が出ないことで、苛立ちと自責の念にかられたことを今でもはっきりと覚えています。今思えば、初産でしたし、乳腺が完全に開いていない状態だったことが大きな要因でしょう。

そして、私自身、自分を他の経産婦さんたちと比べていたことも間違いでした。

そして退院後は、授乳は乳首の痛みとの闘いになっていました。どうしても乳首の先端が柔らかく伸びなかったために、息子が苛立って思いっきり吸い、それが原因で先端が切れてしまったのです。

パックリと切れてしまった乳首をさらに息子が力いっぱい吸うことで、傷口が悪化するという悪循環に陥っていました。

そこで私は、授乳が終わると乳首に保湿剤を塗り、その上からラップで保湿するという対処法を取りました。それでも、傷が癒える前にまた授乳をするため、傷の治りは悪かったです。

その後、乳首に白斑ができるようになってしまい、授乳が困難になってしまいました。

そのため、仕方なく母乳を搾乳して与える方法に切り替えました。そうすると、乳首の傷は治り、母乳の出も良くなりました。


母乳がでないことと、乳首が痛かったことは、辛かったですが、ケアできることはケアして、それ以外は焦らず授乳を続けていくのが良いということを学びました。

f:id:akasuguope01:20180224110444j:plain

著者:tatto1
年齢:28歳
子どもの年齢:11歳、9歳、1歳7ヶ月、3ヶ月

現在専業主婦をしながら、4人の子供を育てています。慌ただしい毎日ですが最近では、長男が長女のオムツ交換を手伝ってくれたり、他の弟達の面倒をみてくれているので助かっています。趣味はイラストを描くことと創作料理です。最近では、キャラ弁にハマっており、4月から長男が中学生になるので毎日のお弁当作りが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。