妊娠・出産・育児の情報サイト


緊急帝王切開でパニック!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産予定日を3日過ぎた朝6時に腹痛で目覚めましたが、1週間前から毎日のように前駆陣痛があったのでまたか…って感じ。痛いけど眠い。

そんなことを繰り返しているうちに2時間も経っていて、これは陣痛かも!と思って陣痛の間隔を記録できるアプリを使ってみたら10分間隔!急いで病院に行き、着いた頃には1人で歩けないレベル。助産師さんから夕方には産まれそう!頑張ってね!と。

 

15時くらいにそろそろ分娩室に行きましょう!となったとき、赤ちゃんの心音が弱っていることがわかり、このままでは普通分娩は厳しいとのこと。あまりの陣痛の痛さで先生の話を上の空で聞きながら、手術の同意書を書いたり、何がなんだかよくわからず。

手術室に運ばれ、説明を受けるも痛みで記憶は曖昧。

ただ覚えているのは、赤ちゃんが無事なのかすごく不安だったことと、背中に打つ麻酔が信じられないくらい痛かった。

 

でも麻酔が効いてくると陣痛の痛みがすーっと引いて、だんだん状況が把握できて、普通分娩出来ないんだなー、赤ちゃんの無事なのかなーって思いながら涙が出てきました。

 

麻酔はしているものの、お腹を触られていたり、内蔵を引っ張られるような感覚はしっかりあって、ちょっと気持ち悪かったです。

どれくらい時間が経ったのかわかりませんが、赤ちゃんの産声が聞こえたときは喜びと安堵でまたまた号泣。

その場では抱っこは出来ず、初めて抱っこできたのは1時間後くらいだったのかな。

でも麻酔の影響で下半身は動かないし、上半身には管がたくさんついていたので、思うように身体を使えずもどかしかったです。

翌日まで下半身は動かなくて、ずっとビリビリ痺れるような感覚ですごく不快でした。

普通分娩の方より入院期間が長く、1ヶ月くらいは普通に歩くのも辛かったです。

 

手術の傷はミミズのようになり、半年くらいは痛みが強くてとても大変でした。

著者:ななす

2児ママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。