妊娠・出産・育児の情報サイト


母乳は卒業、牛乳は苦手。白い飲み物を拒否する息子に乳酸菌飲料を与えてみたら…

f:id:akasuguope01:20180313065352j:plain

我が子は、産まれた時こそ標準体重だったにも関わらず、母乳をたくさん飲んでぐんぐん育ち、生後3ヶ月の時点でビックベイビーと言われるほど大きく育っていました。
また、5ヶ月に入って離乳食を始めたところ、特に嫌がるでもなくこれもまたよく食べること。

しばらくは母乳と離乳食とをあげていましたが、離乳食が進み母乳からだんだんと離れていくに従って、栄養面を考えてミルクや牛乳を飲んでほしいなと思うようになった私。

ただお茶や白湯などは飲んでくれるのですが、赤ちゃん用のミルクをあげても嫌いなのか飲もうとしません。

では牛乳はどうかなと思い、お茶を飲むのに愛用しているストローマグに入れて与えてみました。結果は、マグの中の白い液体を見ただけで口を付けようともしません。

母乳の子供はミルクの子よりも牛乳に慣れるのが大変という話も聞きましたが、食べ物にあまり好き嫌いのない息子なのに牛乳(とミルク)だけは本当にダメなようです。

ホワイトシチューのようなものも嫌いで、食べることは食べるのですがしぶしぶ食べている、という空気を感じます。

幸い牛乳はダメでもヨーグルトやチーズのような乳製品は問題なく食べられているので、そちらを与えてはいたのですが、やはり牛乳を飲んでくれればなあと思っていました。

そんなことを考えていたある日、買い物をしていた時に某乳酸菌飲料の店内POP「牛乳が苦手なお子様にも」という文字を見つけました。

私自身も乳酸菌飲料は大好きなので、これはいけるかもと思ったのですが、まさか牛乳嫌いで見た目だけでNGな我が子には効果があるんだろうか……。

そんな疑問も抱きつつ、まあダメであれば自分が消費するから、と久々に購入したのです。この頃、息子は生後11か月、離乳食後期でほぼ母乳は卒業していました。

結果は、まず見た目はやはり駄目でした。白い液体が入っているというだけで、愛用のストローマグを手でぐいぐい押しやって拒否をします。

それでも、一口とりあえず飲んでみてとちょっと無理やりにですが口にあてがってみたところ、甘い匂いに誘われたのか一口こくりと飲みました。

その途端、表情が変わったのです! 

見ているこちらも笑ってしまう程だったのですが、すぐに私の手からストローマグを奪うようにして一生懸命飲み始めたのはびっくりしました。

その後、牛乳だけだとまだまだ飲んでくれませんが、乳酸菌飲料をミックスした牛乳は喜んで飲んでくれるようになり良かったです。

f:id:akasuguope01:20180313064800j:plain

著者:あきこ
年齢:35歳
子どもの年齢:1歳5ヶ月

結婚後数年子供に恵まれず、一年間の不妊治療の末ようやく生まれて来た男の子を溺愛するまだまだ新米ママ。常に寝不足と戦いながら周りの家族に支えられつつ、日々進化していく息子に驚きと喜びと、ほんのちょっとの怖さを感じています。驚異の成長を続ける息子と共に私も成長していきたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。