妊娠・出産・育児の情報サイト


骨盤矯正ベルトをサボった結果…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

もともと妊娠する前はお尻も胸もなく細身の私はいわゆるガリ、寸胴でした。

周りの人たちに妊娠の報告をすると「そんな体でほんとうに産めるの!?」という心配の声しかなく、出産を経験したことなければ妊婦さんが身近な存在にいたこともない私はただただ産むのが怖くて、実際産んだ時陣痛のたびに身体が避けるのではないかというくらい痛かったんです。

 

次の子を産むときまたこの痛みを味わうのか〜と思いました。けど私はあることを思いついてしまいました。「このまま骨盤矯正しなければいいんだ!むしろお尻も大きくなってスタイルよくなっちゃうんじゃない?!」と。

病院側からも親からも、矯正は産んですぐしなきゃ戻らないよ〜と言われていたので入院中は産後の下半身の痛みを和らげるためにも矯正ベルトを使いました。が、痛みが取れてからはめんどくさいということもあり、つけませんでした。

しばらくはそれでも何の変化もなかったのですが、このことを後悔したのは子供が動き回るようになったときです。

 

うちの子は発達がよく、つかまり立ちをしたのが半年の時、今10ヶ月ですがもう一人歩きをして毎日目が離せません。少し目を離せば危なっかしいことばかりしていて、転げそうな時高いところにあるものを引っ張る時などとっさに動かなければならないことばかりです。

骨盤が緩んでいるのか、腰痛が最近悪化してきて急に素早い動きができなくて何度肝を冷やしたか…。

私のようなアホは流石にいないと思うのですが、もし同じ考えが少しでも頭にある人は骨盤は速やかに強制することをお勧めします。もしくは、たとえ暑くてもサボらずに骨盤矯正ベルトをしっかりつけましょう。

その時はよくても、あとあと後悔がやってきます

私の体験が証明だと思ってみなさん産後も自分の体も大切にしてください。

 

著者:harumina

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。