妊娠・出産・育児の情報サイト


子育て中だっておしゃれを楽しみたい!気持ちよく過ごすための3つのポイント

f:id:akasuguope01:20180323114208j:plain

独身の頃からいろいろなファッションを楽しんでいましたが、子どもができてからは自分の服装のことは二の次でした。実際上の子3歳、下の子9ヶ月と子育てが落ち着いてきた今でも、どんな恰好でいた方がいいのかな? と悩んだりもします。

けれどもママだって時にはおしゃれしたい! そのために私が気をつけているポイントが3つあります。

1つ目は汚れが目立つ素材や色の服はなるべく避けることです。

特に今下の子が9ヶ月で離乳食真っ最中。べったべたの手や口でニコニコしながらくっついてきてくれるのが、嬉しいような悲しいような気持ちになります。

濃いめの色の服ならその場で拭き取れば済みますが、薄い色の服にシミでもつけられたらただでさえ育児で忙しいのに余分な家事が増えるだけです。それでもどうしてもコーディネイト的に薄い色など汚されたくないような服を着たい時は、汚れても全然OKなカーディガンを上に着てご飯をあげたりしています。

また育児中は部屋の掃除が満足にできなかったりするので、ほこりが付きやすい素材も要注意です。いちいち粘着テープでほこりを取る時間ももったいないので、そういう服はなるべく避けるか、防水スプレーを服にかけておくとほこりがつきにくくなりました。

2つ目はおしゃれする日としない日のメリハリをつけることです。

上の子の保育園の送り迎えがあるのでまったく外出しない日はないのですが、基本的に平日の買い物に行かない日はもっさりした格好でもOKというルールを自分の中で勝手に作っています。

「もっさり日」が間に入ると、次におしゃれをする時にトップスでもボトムでも1点おしゃれ着を投入しただけで結構満足できます。そうすると全身おしゃれ着にしている時よりも汚されるリスクも少なくて済みます。

3つ目は、靴はおしゃれと機能のバランスがとれたものにすることです。私は靴が本当に大好きで、靴なら1足ウン万円しても買いたいと思えるほどなのですが、こればっかりは子育て中はあきらめています……。

子供を抱っこした時のことを考えてフラットシューズを選ぶのはもちろん、脱ぎはきする時も抱っこしたままのことが多いので、スリッポンが理想的です。ただそのスリッポンもデザインやメーカーは妥協せず好きなものを履いています。

上の子の時を振り返ってみると、自分の好きな靴を履けるようになったのは上の子があんよが上手に出来るようになった1歳半頃だったように思います。それでも高めのヒールはまだまだムリですね。

雑誌に載っているようなおしゃれママさんにはほど遠いですが、身に着けていて自分も赤ちゃんも気持ちよく過ごせるようなファッションをこれからも追求していきたいと思います。

f:id:akasuguope01:20171213162852j:plain

著者:まかおり
年齢:36歳
子どもの年齢:3歳、9ヶ月

1男1女のママです。現在育休まっただ中で、長男は保育園に通ってもらっていて、日中は長女とのんびり過ごしています。赤ちゃんである長女は可愛いですが、やんちゃざかりの長男に日々悪戦苦闘しています。子育ては今しか出来ないので一日一日大事に過ごしたいと思います。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。