妊娠・出産・育児の情報サイト


急遽入院!張りの恐ろしさ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

32週エコー時にお腹の張りを技師さんが気付き、すぐに別検査へ。そのあと診察で、張り止め薬を処方されて1週間様子見ということに。

33週で診察を受けに再受診したら、子宮頸管が30mmを切っていること、張り止め薬を飲んでも、張りがおさまってないこと、それから胎児の頭が下がり過ぎていてエコーで頭が触れてしまう…。

翌日からGWで外来受付を1週間程度中止のため、自宅安静としても不安ということもあり、即入院が決定。

もともと張りはあった(張りということにそもそも気付いていなかった)けど、痛みはないし、胎動でグーパンチをされている感覚なんだとか勝手に思っていたので、この時期まで誰にも言ったことがありませんでした。

もう妊娠後期になってあと少しの状況ですが、少しの変化でも何か感じたら言った方が良いなと痛感しました。

6ヶ月になる友達は、義理のお姉さんが臨月だったこともあり、お腹の張りがあったらすぐに先生に言いなさいとアドバイスをもらっていたらしく、安定期に入った頃くらいから、張った時に飲む軽めの薬をずっと処方してもらっていたとのこと。

そういうアドバイスをもらえる知り合いの方などがいると良いですよね!

 

産休にちょうど入ったばかりでGWを楽しみにしていたのに、予定がすべて崩れました…笑。

残念だけど、お腹の子と産まれるまでのこの時間を大切にしたいと思います。

著者:ひかる

結婚4年目でやっと初めての子どもを授かりました。予定日がまさかの結婚記念日でびっくりしていたところ、切迫早産の可能性で入院生活中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。