妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩なのに全然無痛じゃないよー

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産で、元々痛みに弱いのもあり出産が怖すぎた私は、無痛分娩を取り入れている産婦人科での出産を選びました。しかし無痛分娩に少し抵抗があったり、妊娠中に「考え方次第で痛みを感じにくくする」と言うソフロロジーを学んだこともあり、「なんとか自然分娩で頑張ってみよう」と思うようになりました。

それでも不安がありましたが、「どうしても耐えれなくなったら最終手段で無痛分娩に切り替えられる」ということを心のよりどころに出産に挑みました。

 

そしてついに、破水を機に陣痛がやって来ました。最初から間隔が10分おきくらいで即入院しましたが、なかなか子宮口が開かず、陣痛室で6時間程度痛みに絶えもがきました。そしてあまりの痛さに、無痛分娩に切り替えてもらうことに。ぎりぎりまで頑張った末の決断でした。

無痛分娩にということを助産師さんに伝え、「もう痛みから解放される」と安堵したのもつかの間、助産師さんからは「初産の方は子宮口6cm開かないと無痛分娩の麻酔使えないのでだめですね」の一言。

陣痛間隔も2~3分おきで、かなりの痛みを伴っていたのに子宮口が開くのがかなり遅れていたようでした。限界まで頑張った末の決断として無痛分娩への切り替えをお願いしたのに、まだまだ痛みに耐えることに。

 

そこから更に5時間程陣痛と戦い、ようやく麻酔を打つため分娩室に移されました。背中から腰にかけチューブを貼り、麻酔注射を打ってもらう体勢をとりつつ先生を待ちました。

もうすぐだ、もうすぐだと自分に言い聞かせながらなんとか痛みに耐えましたが…待てど暮らせど先生が来ません。結局3時間待ちました。もうこの待ち時間で、私のメンタルは崩壊しました(^-^;)先生を待っている間ずっと分娩室に一人だった為、途中からは叫びまくり。なぜ先生が来ないんだという怒りと痛みでひたすら絶叫していました。

 

ようやく麻酔を打ってもらい、気分を落ち着かせることが出来ました。麻酔が効いてる間は陣痛の痛みは本当に和らぎ(それでも痛みはありましたが)、4時間程それで頑張りました。しかし一向に生まれません。どうやら、麻酔を使うと陣痛が弱まり、赤ちゃんが降りて来ていないとのことでした。

つまり、麻酔を使っている間はお産がストップしている状態とのこと。赤ちゃんを下ろさないことにはいつまでも出産できないということで…ここからは麻酔なしでまた陣痛と戦うことに。

陣痛間隔も1分おきのピークの痛さにもう本当に辛くて泣きました。無痛分娩を心の拠り所にして出産に挑み、限界まで陣痛に耐えたのに…と、メンタルは再度大崩壊。助産師さんにもかなりあたったと思います。

 

麻酔なしで3時間くらい頑張ったでしょうか、ようやく分娩台に足を乗せ、いざ赤ちゃんを出していく段階になりました。しかしそれでも赤ちゃんがまだ降りてきていないとのこと。実は私の赤ちゃんは3652gのビッグベビーで頭も大きく、頭がつっかえていたのでした。しかし分娩中はそんなこともわからず、陣痛促進剤を何度も使いいきんでいきんでどうにか出そうともがきました。

足をあげてから3時間程度経過しましたがまだ産まれません。そんな中また先生が到着し、カルテを見て胎児の時からかなり体と頭が大きかったことを発見。もうメンタル的にも体力的にも限界に達しており、いきんでも力が入りきらなくなっていたのもあり、そこからは吸引分娩を行うことになりました。

吸引分娩と決まってからはまた麻酔を使ってもらえ、助産師さんがお腹に乗り赤ちゃんを上から押し出してくれたのもあり、今までが嘘のようにスムーズにあれよあれよと出産に至りました。

これで、私の24時間に渡る出産が終わりました。

途中で無痛分娩に切り替えたことで、麻酔科の先生の到着を待たなければならなかったことや、主治医自体が代わりビッグベイビーということが伝わるのが遅く吸引に切り替えるタイミングが遅れました。最初から無痛分娩ということで挑んでいたらもっとスムーズに進んだのだと思います。

また友人は同じ初産でもほぼ無痛で出産出来ていたので、きっと私の体質と思いの外大きい赤ちゃんだったため無痛でない無痛分娩になってしまったのかなと思います。

無痛分娩を検討されている方には、「無痛でない無痛分娩の可能性もある」と思って挑んでもらうと、メンタルは保てるかもしれませんね。

著者:RI

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。