妊娠・出産・育児の情報サイト


破水からの緊急帝王切開!35週の早産に

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

35週に緊急帝王切開により2341gの女の子を出産しました。現在生後40日で元気に育っています。

妊婦健診は大きな問題もなく、34週まできました。血圧、尿検査、エコー胎児の大きさ、子宮頸管の長さなど引っかからず。ただ、元々BMI27の肥満体型で、カロリー制限するよう言われていました。

1人目が陣痛からの胎児心拍数低下で緊急帝王切開だっため、自動的に今回は予定帝王切開37週0日で予定されていました。仕事はしておらず、8ヶ月頃からは体が重くて外出が辛くなりゴロゴロする生活でした。

 

34週6日の16時頃、自宅で昼寝から起きました。トイレに行った後パシャっとおりものが流れたような感覚があり、トイレで確認すると下着がしっかり濡れていて「おりものにしては多すぎる」と異変を感じました。

とっさに匂いを確認すると、無臭。「破水かもしれない」と不安になり、とりあえず濡れたものを着替えてかかりつけの産婦人科に電話。「破水か、おりものかわからない」と告げると「入院バッグを持ってすぐに来てください」との事。歩いて5分の距離でしたが、登録していたママサポートタクシー(第一交通)をよんで1人で行きました。

同居の実母は外出中、主人と息子はとりあえず自宅待機してもらいました。早めに入院バッグを用意していてよかったです。

 

16時30分

日曜の為静かな病院に入るとすぐ、内診され、破水と確認。ベッドのある部屋に通され点滴とモニターが始まりました。「34週6日の出産は早産で、未熟児対応が必要。NICUがないこの病院では産めないので転院になります」と。救急車で搬送されました。救急車を待つ間に主人に連絡。

 

18時30分

ERに運ばれ再度内診、張り止めの点滴とモニター。羊水はたくさん残ってるからとりあえず様子見、1週間くらいお腹に入れたままもたすかもしれないと。

19時

主人が買ってきたサンドイッチとミルクティーを飲む。家族は帰宅。19時30分、産科病棟に移動し、大部屋で過ごす。明日(月曜)日勤の先生が来てから対応が決まりますとの事。21時より絶飲食。不安でいっぱいで、ほぼ眠れず。

 

翌朝、8時すぎに担当医の先生から説明。

「もう今日の昼、切っちゃいましょう」と。動揺して、赤ちゃんは無事に生きられるのか?聞くと、推定2200gだからほぼ大丈夫、感染症になったり陣痛が始まる方がリスク高いと。なんとか状況を飲み込み、主人に電話、仕事を早退して来てもらいました。手術の間は家族が病院にいないといけないらしいです。

13時の予定が、麻酔医が全員ふさがっていて16時まで待機。24時間不安なまま絶飲食で、疲れていました。やっと呼ばれ車椅子で手術室へ。

 

もう無事に産めればなんでもいいと、緊張さえしていなかったです。硬膜外麻酔はどんなものだろうと興味津々だったり。1人目は本当に緊急で、口にマスクを当てての全身麻酔だったので、意識がある麻酔は初めてでした。

それが、入れる時痛くて気持ち悪くて…。背中に2ヶ所、消毒でヒヤッと。ハンコ注射?のような軽い痛みの後、ズズズっと棒を刺されるようななんとも言えない感覚。歯医者の麻酔をもっと痛く、全身で感じているような。看護師さんが今これしてるよーもうすぐ終わるよー大丈夫!と励ましてくれるのですが、麻酔をする間涙が止まりませんでした。未知への恐怖と、痛みへの弱さがあったと思います。

効き目の確認は冷たいカット綿?を当てて、冷たい?冷たくないなら効いてますとの事。胸から下は全部効いてました。触れる感覚はあるが痛みは無いという不思議な、気持ち悪い感じでした。

手術が始まると、お腹の上をすべる感じ、電気メスの焦げた匂い、押されたりひっぱられたり…とにかく怖くて気持ち悪かったです。10分ほどで赤ちゃんが取り出され、産声が!ホッとして顔を見た後は眠ってしまいました。

 

術後は背中の針から医療用麻薬(痛み止め)を入れていた為、後陣痛も傷もそこまで痛くなかったのが良かったです。ボトルの薬液が切れた後は、ボルタレン錠をもらっていました。

ちなみに出産費用は、23万円。給付金でまかなえ、手出し無しでした。帝王切開で保険適用、総合病院だったからか安かったです。個室料は1日6000円でした。大部屋が少し騒がしかったので、産後最後の2日だけ移りました。

赤ちゃん早産かつ2500g以下の低体重で、NICUに2週間入院。しかし酸素もつけず元気にミルクをのんで安定してました。毎日3回病室からNICUに通いました。

 

著者:sachi

24歳結婚、26歳科学的流産、27歳1人目出産、34歳2人目出産。15年ほど精神科にてうつ病治療中。現在は実母、夫、私、長男7歳、長女0歳の5人生活。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。