妊娠・出産・育児の情報サイト


不妊治療の先に見えた光

f:id:akasuguedi:20180722032426j:plain

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚式を終えて、早く赤ちゃんが欲しかった私は、軽い気持ちで近くの有名な婦人科で検査をしました。

 

そこでは、「一応小さな筋腫はあるけど、妊娠には問題無いからタイミングからはじめましょう」ということで、妊活生活が始まりました。

すぐに出来るかも!と期待したけど毎月生理が来てはガッカリ。

タイミングを何回かしたところで、人工授精にステップアップ、4回してもそれでも出来ない。。

正直、もう精神的に参ってました。

大好きな友達の子供たちを見るのも辛くなるくらいで。

 

妊娠出来ない原因も分からないから、治療法もないし、八方ふさがり。

 

「少し妊活から離れてみよう」と思ってた時、クリニックの看護師さんによる相談会に勇気を出して予約してました。

 

相談会では泣いて、泣いて、今まで溜まってたものを全て出し切ったらスッキリ!

看護師さんも不妊治療経験者の方だから、話を分かってくれて本当に助かりました。

 

それから何回か相談していくうちに「もう少しだけ頑張れるかも」という精神状態になったので、転院して体外授精にステップアップ。

自己注射や採卵は痛かったけど、まさかの1回目で妊娠!

 

妊娠超初期は、熱とが止まらず不安だったけど、何とか乗り越えて2018年1月に元気な女の子を出産しました。

 

この子をこの手に抱くまで4年、もっと長い妊活生活を送ってる方もいるかもしれないけど、私にとっては長かった。。

 

もし、今妊活中で苦しいと感じてる方、通院しているクリニックに相談窓口があれば利用した方が良いと私は思います。

赤の他人にだからこそ、打ち明けられる心の叫びがあると思います。

 みなさんに、光が届きますように。

著者:あや

約4年の妊活を経て、体外授精で妊娠し、2018年1月に女の子を出産しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。