妊娠・出産・育児の情報サイト


自然会陰切開

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

2人目の出産時のことです。陣痛が始まり、経産婦だったので10分間隔になったら病院に連絡するよう言われていたため病院に連絡し、向かうとすでに子宮口は3センチ開いており、そのまま分娩台で待機することに。

経産婦だからか、旦那も付き添っていたためか、朝方の夜間帯から日勤帯に変わる時間だったためか、理由はわかりませんがとりあえず助産師さんがまわりにおらず、隣のナースステーションから声が聞こえてくる感じでした。

 

分娩室には私と旦那の2人きりの時間が流れ、陣痛の波と戦っていた時です。急にパンッとはじけるような音がし、生温かいものがドバッと流れました。私はとっさに「破水しました!」と隣のナースステーションにいる助産師さんを呼び、それからバタバタっと数人の助産師さんがきて慌ただしく先生を呼んでいました。

すぐに先生がきてあっという間にお産がすすみました。1人目の出産時の時は先生がきて麻酔を打ち、会陰切開をしたので、同じ病院での出産だったので、今回も同様に麻酔を打ち、会陰切開をするものだと思っていました。しかし会陰切開をする間もなく、「あたま出てきてるからねー!」「力んでねー!」と言われメリメリっと自然に裂けていくのが分かりました。

無事に2人目が誕生し、縫合を先生にしてもらいました。先生が「だいぶ裂けてしまったね、5〜6ヶ所は縫わなきゃいけないからね、頑張って」と言われ、1人目の縫合と比べかなりの時間がかかったことは覚えています。

内診の時と同じ体勢なので、途中足がガクガクしてきて辛かったです。2人目の出産だったのであえて会陰切開をしなかったのか、会陰切開が間に合わなかったのかはいまだに分かりません。

 

病院の方針もあると思いますので、一体験談としてこんな人もいるんだ、くらいに思ってください。

著者:3人目妊娠中ママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。