妊娠・出産・育児の情報サイト


深夜の破水から出産まで10時間!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

38週5日の深夜2時でした。 臨月に入ってから夜寝付けなくなり、その日も眠れないながらも布団に横になっていると、太ももに生温かい感覚がありました。 

破水はよくパンって音がするっていうし、もしかして漏らした?と思いながら取り敢えずトイレへ。 一旦トイレを出て病院に連絡するか迷いソファーに座っていると、生温かいものがまた太ももをつたってきました。

 

これは破水だ!と確信し、里帰りしていたため寝ていた母を起こし病院に連絡。すぐに来るように指示をもらいました。 

腰にバスタオルを巻き、用意していた入院バックをもって病院へ。幸い実家は駅前のため、ロータリーに待機するタクシーにすぐ乗ることができました。

 

病院へ着いても特に陣痛のような痛みはなし。そもそも初めての出産であったため陣痛がどのような痛みかもよくわからず。子宮口は2日前の健診時には既に4センチ開いており、その時も4センチままでした。

 

明け方4時頃から本格的に陣痛が始まり、8時間後の正午頃、子宮口全開。そこからは30分で出産できました。 分娩より陣痛が辛かったです。

著者:さおりん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。