妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんはミルクでも十分育ちます!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産前授乳についてはあまり考えていませんでしたが、職場の先輩から「哺乳瓶は全く吸わない子もいる。おっぱいしか吸わない子もいるから、哺乳瓶買うのは出産後でもいい」と言われ、おっぱいは産んだら自然と出るものだと思っていました。

しかし、いざ出産してみると、臨月からおっぱいはチクチクしていたものの、初乳もなかなか出ない…。おまけに扁平乳だった事もあり、赤ちゃんもなかなか吸えません。体重の増えがよくなかった為、とにかくミルクを飲ませて1週間、体重は増えるようになったものの、産院の指導で、ミルクの前に咥える練習だけさせていた赤ちゃんは、母乳がなかなか出ず吸いづらいおっぱいを嫌がるようになりました。

助産師さんからの母乳指導も受け、哺乳瓶とおっぱいをすり替えたり、ソフトタイプの乳首カバーを使って哺乳瓶の感触に近づけたりしました。母乳マッサージも3〜4回受けましたが、「次は多分よく出るようになるはず」と何度言われても、大して変わりませんでした。

 

生活リズムが一変し、寝不足な中、おっぱいを吸う練習をさせると赤ちゃんはギャン泣き、仕方がないのでその後ミルクをあげる…という毎日を繰り返していましたが、こんな事を続けていると自分が寝る時間がない、あれだけおっぱいを加えるのを嫌がって泣かれると、自分を否定されている気持ちになり涙が出てきました。母乳指導で「赤ちゃんがいやいやしているように首を振るのは、乳首を探しているだけ」と言われましたが、それでも明らかに手で振り払われる…。

 

心身共に消耗していきましたが、みかねた主人が「一応初乳はあげたし、これだけ頑張って色々試してダメだったんだから、もういいんじゃない?今はいいミルクもあるし、ミルクだったら俺もあげられるし」と言ってくれて諦めがつきました。

母乳で育てるのが当たり前だと思っていた私は、あっけなく子育ての始めから挫折したのです。

 

しばらくは母乳育児に未練もありましたが、ミルクを美味しそうにゴクゴク飲み、ちょっとずつ大きくなる我が子を見ていたら、だんだん、まぁいいかと思えるようになりました。

たまたま母乳育児が思うように出来なかったけど、これから自分の思うように育てられない事はたくさんあると思います。よい経験になりました。

著者:ふっちー

32歳で第1子の長男を出産した主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。