妊娠・出産・育児の情報サイト


前期破水からスタート。子宮口が開くのに33時間!そこから出産までは1時間

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産。まさかの前期破水から私の出産は始まりました!明け方、尿が漏れるような感覚があり、トイレに。15分後また、尿漏れの感覚。もしかして…?と思い、産院に電話すると、破水の可能性があるので病院へとのことでした。すでに40週直前でしたが全くおしるしっぽいものも前駆陣痛もなかったのですが、とりあえず病院へいくことに。

主人を起こして車に乗り込んだ途端に「破水だ!」と私でも分かる量が出てきました。病院に着くなり分娩台へ!促進剤を打ち陣痛を起こさせましたが、子宮口はまだ2.5センチ…。痛みは充分だったのでかなりしんどかったです。

 

結局その日は薬の上限まできてしまい、断念。破水の場合には抗生剤をずっと打つので、点滴もつらかったです。夜は寂しく痛かったですが、助産師さんがすぐ近くにいてくれ、とても安心しました。

夜には薬の影響も薄まり痛みが引きました。明け方、弱いですが陣痛が少しきました。翌朝、8時から促進剤をまた打ち出産にのぞみました。しかし子宮口がなかなか開かず、教えてもらっていた呼吸法をしていましたが、効きません。後で気付きましたが、呼吸法がちゃんとできていませんでした。

試行錯誤して体得したのは出産直前の1時間ぐらいだったと思います。次の出産はうまくやれそうな気がしました。これはなかなか経験しないとわからないと思うのですが、息を吐く時は長く細く吐くだけではなく、子宮に力を入れずに赤ちゃんがするんと移動していくような感覚で、呼吸にばかり気を取られるのではなく体全体をイメージすることで、子宮口がスムーズに開きました!娘が産まれたこの日はなんと出産予定日。私は病院に来てすでに34時間がたっていました。やれやれです。

著者:ねこちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。