妊娠・出産・育児の情報サイト


出産の痛みは忘れると聞いていたけれど…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産の痛みは忘れる。幸せの方が勝る。だから2人目も欲しくなるとよく周りのママさんに聞いていました。

けれど私は絶対嘘だ。綺麗事だと思っていました。

 

予定日3日が過ぎた夜中、陣痛らしきものがきました。痛みが強くなるにつれて横になってる方が辛く、布団にうずくまっていました。10分感覚になった時に病院に電話しました。「もう少し感覚が短くなったら来てください」と言われ、こんなに辛いのに…と思いました。7分でまた電話をすると「心配なら来てみてください」と言われました。そのとき「もう2人目は無理だ、これが最初で最後の出産になる」と思いました。

 

病院についたら子宮口7センチで、様子を見ながら促進剤を使いお産を進めることになりました。予定日も過ぎていて陣痛も来ているのに心の準備もできておらず、待って、ちょっと待って…と言う心境でした。

病院のベットで痛い痛い痛いとうずくまっていたのを覚えています。

 

そんな中どんどん陣痛が進み、出産。病院に着いてから1~2時間だったと思います。

生まれた瞬間陣痛からお産の痛みを忘れていました。感動してと言うより、あまりにあっという間の出来事で頭が着いて行けなかったのだと思います。

痛かったことは覚えているものの、どんな痛みだったか、どれくらい痛かったのかは全く思い出せません。

「2回目はない」とすぐ思ったので、相当痛かったのだとは思いますが……。

 

正直子供は好きではなかったし、生まれたての赤ちゃんの写真を見せられても可愛いと思ったことはありませんでした。しかし自分の子は生まれた瞬間から可愛く、泣きわめいてる姿すら可愛いと思えました。生まれたてでこんなに可愛い子は見たことがないと思うくらい。自分がこんな感情になるとすら思いませんでした。

 

出産から10ヶ月。妊娠中もお産も産後の子育ても大変なことは沢山あったはずなのに、早くまた次の子が欲しいと思っています。

著者:ちびまる

2017年8月に出産

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。