妊娠・出産・育児の情報サイト


想像以上に辛かった出産体験

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産2日前の検診で内診グリグリをしてもらいました。

その日の夜、陣痛らしき痛みがきて、間隔を計ったところ10分をきる時もあればもう少し長い時もあり、とりあえず寝て様子を見ることにしました。結局その日は朝には痛みがひいていて、前駆陣痛だったのかなと思います。

 

そして次の日の夜また陣痛らしき痛みがありました。今度は規則的に痛みがあったので、病院に電話し、もう少し様子を見て間隔がさらに縮まったらまた来院するという事になりました。しかし、なかなか間隔が縮まらないどころか長くなったりとバラバラになりだし、結局朝を迎えました。

 

朝方お腹の痛みと張りの中、バチン!という音と衝撃をお腹で感じました。もしかして破水した?と思い、トイレに行きましたが特に水っぽいものが出てくるわけでもなく、変わった様子はなかったのでそのまま朝食を食べ、ゆっくりしていると、陣痛が規則的に来るようになり、病院へ行くことになりました。

 

病院で調べてもらうとやはり破水しているとの事で、そのまま入院になりました。それが午前11時ごろでした。

初めのうちはまだ我慢できる痛みで、痛みがくるたびに息を吐く事に集中し、時には主人に背中をさすってもらったりして出産のときを待ちました。

だんだんに痛みが辛くなり、お昼ご飯をやっとで食べました。歩いていると少しは痛みを紛らわす事が出来るのに、破水をしているからとモニターをつけていた為、ベッドに横になっているしかなく、結構辛かったです。

 

陣痛の間隔は5分をきるぐらいになってきて、子宮口は順調に開き、午後5時ぐらいには全開になっていました。

全開になれば分娩室へ移動し、もう産める!と思っていたら「まだ赤ちゃんが下がってきていないからまだ移動はしない」と言われ、そこからまた耐えました。

「もう力んでも大丈夫」と言われ、赤ちゃんが降りて来るように何度も何度も力みましたが、なかなか降りて来ず、私の体力も限界だったので途中から促進剤を使用しました。

 

促進剤もすぐに効いてくるわけではなかったので、強い痛みが来る時に力み、そうでない痛みの時はただただ耐えてました。

午後10半時ごろやっと分娩室へ移動することになり、陣痛が来るたびにこれが最後の陣痛にする!と頑張ってはみたものの、まだ生まれず、結局は会陰切開をしてもらい、分娩室へ移動して約1時間後待望の赤ちゃんが生まれました。

予定では3100gだったのが、まさかの3700gで生まれとてもびっくりしました。出産後はもう放心状態でした。

 

しばらくすると、やっと終わった安心感と、赤ちゃんが無事に生まれた喜びで涙がでてきました。

初産なのもあり、時間がかかったのかもしれませんが、2人目はいいかなと思うぐらい辛い出産でした。

しかし大変な思いをして生んだからこそ、我が子は可愛くて可愛くて仕方ないです!

著者:くま

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。