妊娠・出産・育児の情報サイト


でたがらない息子の計画分娩

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

28歳初産でした。 

安定期には医師に頭と胴体の大きい子と言われており、後期には予定日には3500g超えるだろうから早めに産むようにしましょう、と運動をしっかりするように言われました。しかし、なかなかおしるしもなく、子供も大きくなっていく一方で、通院の度に内診グリグリをされて痛かったです。

これ以上大きくなると大変なので、生まれてなければ予定日1週間後に計画分娩をすることになりました。

 

もちろん自然分娩が良かったので、毎日2時間の散歩をしたり、スクワットをやってみたり、ジンクスのカレー、焼肉、オロナミンCも試しました。また、途中で産気づいたらどうしようと不安になりながら近所の山を二度も登りましたが、全く効果なし!

 

とうとう入院で前日の夕方にバルーンを入れ、主人にも病院に泊まってもらいましたが、なんとか子宮口が1,2cm開いて6〜8cmになったくらいでした。

促進剤を朝から使用して陣痛はきましたが、なかなか子宮口が全開にならず、一定の波にもなりませんでした。

 

体力を消耗してしまうので、午後に人工破水をして陣痛を促進してみましたが、それも効果なく、19時頃には「明日にしましょうか」と言われました。

明日もこの痛みを繰り返すのは嫌だ!と踏ん張って、なんとかその日の21時には無事産むことができました!3600gでその日に7人生まれた中で1番大きかったです。

 

ちなみに促進剤を3つ使ったので1.5リットル点滴で入ってきたのもあり、分娩台から何度かトイレに駆け込みました。よく大きい方が出る感覚があると言いますが、私の場合はひたすら尿意!を感じていました。恥ずかしい話ですが、分娩台でも下に敷いてあるのをいいことに力んでる時にチョロチョロ出してしまいました。産後の尿管であまりにも出るものだから驚かれましたが、部屋に戻ってからもほとんど飲んでいないのにかなり出ていました。

 

出産時の痛みは産後の処置をしている間には忘れてしまいました。子供が出てきて安心したのかもしれません。

産後のハイテンションで「こんなによく喋る人だったっけ?」と驚かれたほどです。

何はともあれ、無事に産まれて本当に良かったです!

できればすぐに第二子を産みたいですが、また金銭的に余裕ができてからにしたいと思います。

著者:つくね

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。