妊娠・出産・育児の情報サイト


助産院で出会えた「頼れるお母さん」。でも、突然夫の前でブラをはずされ… by さやえんどう

f:id:akasuguedi:20180814063204j:plain

f:id:akasuguedi:20180814063218j:plain

前回エピソード:初診で不安なことを伝えたら怒鳴られた!? ハッピーモードからの急転落にどよーん by さやえんどう

10代の頃から出産に興味があって、関連本を色々読み漁っていた私。
そこで興味があった「助産院」に飛び込んでみたのですが・・・

初診でのお腹マッサージにすっかり魅了されてしまいました。
20分以上優しくさすって貰ってお腹はすっかりぽかぽかに。

産院は民家そのもので、玄関からこんにちは状態。
アットホームさ満点ですが、病院のように機器が充実している訳ではないので
定期健診は出産までに4回程病院で受ける必要があります、と説明されました。
助産院では赤ちゃんエコー画像が見られない事が唯一の残念ポイントでした。

60代前半の「頼れるお母さん」という感じの助産師さんは
私の小さな悩みにもマッサージしながら丁寧に答えてくれて。
おかげで不安がひとつひとつ解消されて、心からリラックスできました。

 

ちなみに・・・乳首トレーニング。
私はいたってノーマルだったので、恐らく妊婦さん全員勧められていたんだと思いますが若い夫婦の私たちにはかなりの衝撃で。
搾乳される牛さんの気持ちがちょっとだけ理解できました。

その後、「あまり刺激を与えると良くない」等の記事を読んだこともあり結局一度もやらずに終わりましたが、無事授乳できましたよ。

そんな信頼をおいていた産院ですが、結局そこでお産はできませんでした。
それはまた改めて。

関連記事:心の拠り所だった助産院。緊急帝王切開の場合、転院?費用は?

 

次回エピソード:父親になる自覚あるのかな?無関心な夫の“父親スイッチ”を入れたのは… by さやえんどう

 

f:id:akasuguedi:20171102061955j:plain

著者:さやえんどう
年齢 アラフォー(当時24歳)
寝転んでマンガを読む事と甘い物が大好きな私&宇宙人風の夫のもとに、授かりものが舞い降りてきました。その息子も今年自立して今は夫婦&猫2匹とベトナム暮らし中。
Twitter:mamepina 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。