妊娠・出産・育児の情報サイト


「戦いごっこ」にハラハラしていた私。笑い飛ばしたママ友が気づかせてくれたこと by ぴよととなつき

今回は長男が年少の頃のお話。
初めての集団生活、初めてのお友だち、初めてだらけの幼稚園にようやく慣れてきた頃。仲良しのグループもできてきて、その仲間内でブームだったのは「戦いごっこ」でした。

みんなテレビの戦隊モノが好きでヒーローに憧れる男子。幼稚園のお迎えの後にはいつも「戦いごっこ」が繰り広げられていました。
男の子らしい遊びだなと思う反面、お友だちを怪我させたらどうしようとハラハラしていました。

前回エピソード:猛暑対策に!バンダナをくるくる巻くだけで出来ちゃう、ひんやりネッククーラー by ぴよととなつき

f:id:akasuguedi:20180829091121j:plain

危ないことをすればそれを見ている保護者がその都度注意するのですが、戦いごっこがエスカレートして将来手のつけられない暴れん坊になったらどうしよう…と心配していました。

f:id:akasuguedi:20180829091141j:plain

お迎えの後いつものように戦いごっこで盛り上がる子どもたち。その日はバス通園している仲良しのお友だちがお迎えだったので、戦いごっこに参加していました。

お迎えに来ていたその子のママに「戦いごっこに巻き込んじゃってごめんね。もっと落ち着いた遊びをしてほしいんだけど…」というと、そのママは「だいじょーぶ!だいじょーぶ!」と笑い飛ばしました。

f:id:akasuguedi:20180829091210j:plain

「ヒーローに憧れる男子はみんな通る道だよ」と話してくれました。

もちろん怪我が予測されるような危ないことは注意しながら保護者の目が届くところで遊ばせる必要はありますが、戦いごっこを通しての学びもあることに気付かされました。

 

あれから1年。現在年中の長男。

あんなに毎日やっていた戦いごっこはほとんど見ることがなくなりました。成長してできることが増えてきたからなのか、今はサッカーや木登りがブームです。
一つ上の年長さんの男の子を見てみると縄跳びで遊んでいる子が多いので、子どもたちは体の成長とともに遊びも変わっていくことを実感しました。

f:id:akasuguedi:20180829091257j:plain

関連記事:ママは戦いごっこが苦手。ヒーロー系の番組を避けていたけど、息子の本心にドキッ! by そめた

 

次回エピソード:幼稚園ってどうやって選べばいいの?迷った末、保育時間にのぞき見してみたら… by ぴよととなつき

f:id:akasuguedi:20170228050233j:plain

著者:ぴよととなつき
年齢:華の30代♡
子どもの年齢:4才と2才
関西出身の母が、ツッコミどころ満載な息子たち(&夫)と過ごす毎日をインスタグラムに投稿しています。東京に引っ越してきたものの、外出先は公園と児童館なので都会にいる実感はない…。

書籍:『#ピヨトト家~うちのアホかわ男子たち~』(マガジンハウス社)
instagram@naxkiiii

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。