妊娠・出産・育児の情報サイト


一人目と大違い!これなら三人目は怖くない

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

一人目は夜12時に30分間隔くらいの前駆陣痛が始まり、朝5時頃15分間隔になったため病院へ。しかし昼に一度20分間隔になってしまい、家に戻るか病院に残るか先生も迷うほどでした。結局病院に残ったものの子宮口も夕方で2センチ程度しかひらかず、その頃はまだ耐えられる痛さでした。

しかしこれが夜12時ころからあり得ない痛さに激変。終わりの見えない苦しみが数分間隔で続くことで、恐怖と痛さから、もうやめる!と叫んだほどです。

 

うまれたのは翌朝5時をまわってからで、本当に地獄でした。二人目を妊娠中も思い出すと恐ろしかったです。

 

そして二人目は、夜10時頃陣痛らしきものが30分間隔できました。10時半には既に10分間隔。でも耐えれる痛みだから本当に陣痛なのかわからず、また一人目みたいな苦しみがくるんだろうか?と恐怖を感じて時間をはかっていました。そして一時間耐えてからやっぱり10分を切り続けているので半信半疑で病院へ。

夜12時に病院に着いたときには子宮口は7センチ開いていたようで経産婦だからとそのまま分娩台へ。一人目は苦しさ末期での分娩台だったので余裕なしでしたが(疲れで陣痛と陣痛の間は無意識に寝てたレベル)、今回は余裕ありすぎて逆に冷静に周りがみえすぎておろおろしていました。

 

もう産むの?とびっくり。そこから一時間で産まれました。あっという間で拍子抜け。これなら三人目もそんなに苦しまないかも?と思い、早く次の子もほしくなりました。

著者:にゃー32

子供は3人ほしいなぁと思っている二児のお母さんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。