妊娠・出産・育児の情報サイト


初産。破水から出産まで10時間

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産は予定日より遅れやすいとか、陣痛始まってからそんなにすぐ産まれることはないとか

陣痛の痛みは鼻からスイカを出すような痛みだとか

いろんな人の話を聞いたり、体験記を読んだりして出産に向けて準備していた私。

 

38週に入ってようやく、入院準備を完成させ、いざという時の連絡先を夫用に書き上げ

「ちょっと早いかな~、でも、これでいつ産まれても大丈夫♪」

と今思うと悠長に眠りについた、その夜。

 

深夜1時半、夢うつつな中で股の間にぬるっとする違和感を感じました。

(おしるしかな?)

初めてで、おしるしがどんなものかもわかっていませんでしたが、眠気に勝てず、朝起きてから確認すればいいや~と思った次の瞬間

どわ~っと生温かいものが股の間に広がるのを感じました。

「破水した…」

俗に言われる破裂音はありませんでしたが、静かに流れ出る生温かい液体、そしてほんのり生臭い。

迷うことなく破水したと理解しました。

 

 

 

私のつぶやきに飛び起きた夫が、一覧表を見て産院に連絡を入れてくれ(書いててよかった、一覧表…)、産院に向かいました。

産前教室で破水したらシャワーもお風呂もダメと強く言われていたので、びしょびしょになったズボンをはき替え、夜用ナプキンを当て、腰にバスタオルを巻き、更に車のシートに厚手のバスタオルを敷いて産院へ。

 自宅から車で5分と近かったためか、車が大惨事になることはありませんでした。

 

産院ですぐに医師の診察を受け、子宮口は3㎝開いていましたが、陣痛がまったく来ていなかったので様子を見ることにまりました。

感染予防の抗生物質を5日分いただいて、1回分飲んでから通された病室で横になりました。

 

朝6時の診察まで少し眠ろうと横になりましたが、3時くらいから下腹部と腰部に違和感、5時を過ぎると7~10分間隔で軽い痛みを感じるようになりました。ただ、間隔が一定しなかったのと、痛みがさほどなかったので陣痛とは思いませんでした。

 

朝6時、診察室に向かう途中も痛みが出て立ち止まりながらも、夫につかまりながら歩いて移動ができました。

「子宮口5㎝、陣痛も来てますね」

胎児心拍と陣痛を測定する機械を付けると、助産師さんから言われました。まさかこれが陣痛とは思っていなかったので、私は驚くばかり。そのまま病室に戻ることはなく、準備室で過ごすことになりました。

5~7分間隔でくる痛み。

ただ、自分の想像していた陣痛の痛みはもっと強いものだったので

「痛みが来たらいきんで!」

と助産師さんから言われた時には、

「え!?もういきんでいいの!?」

くらいに思っていました。いきみ方もよくわからなかったんですが、助産師さんの言葉にただただ従いました。

 

よく、いきみ逃しにお尻の穴を抑えてもらうといいとか楽になるとか言われますよね。

私は「お尻の穴って(笑)」と、冗談のようにとらえていました。

ただいきむタイミングで、力をどこにいれればいいのかわからなかったんですが、お尻の穴を抑えてもらうと、力を加える部分がなぜかよくわかるようになりました。しかも痛みがかなり軽くなるのも驚き。

 

そうこうしていると

「お昼には産まれますよ、頑張って!」

と助産師さんに声を掛けられ、「早っ」っとついびっくりしてしまいました。

初産て時間がかかるものだと思っていたし、まだ準備室入って4時間もたってないし、後2時間くらいで産まれるなんて信じられませんでした。

 

なぜかこの時(心の準備できてない~!)と、分娩に対する不安なのか、産んだ後のことになのかよくわからない不安が湧いてきました。しかしそれも一瞬で、いきむのに一所懸命でした。

 

11時半に分娩室に移動となり、何度目かの息みの後

「もう息まなくていいよ!力抜いて~」

と先生の声を聴いたと思った次の瞬間

「ほにゃあ」

と小さいけど確かな息子の声が聞こえました。

 

破水してからおよそ10時間、息子と対面することができました。

 

出産の体験記をいろいろ読みましたが、私はいい方向に思った通りには行かなくて、予定日より12日早く出産になったし、陣痛もスイカを鼻から…なんて、全くそんなことない、形容できない痛みだけどひどいことはなかったし、怖かった会陰切開よりも痛み止めの注射の方がチクチクして痛かったし、人それぞれなんだなぁと改めて感じました。

 

ちなみに、私はソフロロジー法という呼吸法での出産を行っていて

痛みを逃すのが楽だったのもこの呼吸法のおかげだったのかな~と、感じています。

著者:まな

私32歳、夫43歳。結婚して1年間子供ができず、治療に通い、タイミング法による指導4回目で妊娠。

仕事はフルタイムの専門職。妊娠中も仕事に、地域活動に、資格取得にと活動的に生活。

つわりは軽め。下半身を鍛えているせいか、妊娠中のトラブルほぼなし。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。