妊娠・出産・育児の情報サイト


恐怖だった会陰切開

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠中に出産の時に会陰切開されることを初めて知りました。

 正直妊娠するまで、その言葉を聞いたこともなかったので“切開”という言葉にとても恐怖を感じました。 

出産経験者に話を聞くと、

「まったく気がつかなかったし、痛くなかった」という人

切開が間に合わなくて、裂けてとんでもなく痛かった」という人

いろいろな話を聞きました。

 麻酔はしなかったとか、してくれたとか聞いた話もばらばらで、自分の時はどうなるのかと不安ばっかりが大きくなりました。

 

オイルで会陰をマッサージすると切らなくてもすむという本当か嘘かわからない情報を鵜呑みにして、ホホバオイルでお風呂あがりに“のびろー!のびろー!”っとマッサージをしていました。

正直、陣痛の痛みの不安よりも会陰切開の方が怖くなっていました…。

 

出産当日はおしるしから陣痛が始まりました。その後、破水して順調にお産は進んでいきました。 

想像を絶する陣痛の痛みと、なによりも辛かったいきみ逃し(いきんじゃだめと言われるけども、体が勝手にいきんでしまうんです…涙)

 

ついに子宮口全開に!

「もういきんでいいよー」と言われてから、二時間…微弱陣痛になってしまいなかなか産まれてきません…。

心の中で

(いつ終わるのかな、そろそろ出てきてくれないかな)

と思い始めていました

 

陣痛促進剤を3回投与されて、やっと強い陣痛が来ました!

そこで先生からの「あと一回いきんだら出てくるからね!赤ちゃん出て来やすいようにお手伝いするね!少し切開しますね!」

 と言われ…ついに恐怖の瞬間が来てしまった…と思いました。

 しかしあんなに不安がっていたのに、先生にさささっと「麻酔しまーす」と麻酔をされて

(あれ…全然痛くない。あ、でもこれからか)

 (あ…お腹痛い!陣痛きた!!)

 ザクッ!ザクッ! 

(えっ!いまザクザク音した!!痛くない!!!!) 

(全然痛くない!!!!)

 

先生「赤ちゃん出てきたよー!おめでとー!」

(終わったー!出てきたー!) 

先生「切ったとこ縫いますねー」 

(縫うのも痛くないーーー良かったーー)

 と、

拍子抜けするぐらい痛くありませんでした。 

糸も抜糸しなくていい糸で縫合してくれました。 

少し引っ張られる感じはありますが、

どうしてあんなに怖かったんだろうと思うくらい私の場合は痛くありませんでした。

 

産後7ヶ月経ちましたが、そーいえば切開したんだっけと忘れてしまうくらい違和感なく生活しています!

著者:ぱんだ

7ヶ月の女の子を育てています。

マイペースに娘との毎日を楽しんでいます。

 

初めての妊娠は不安がいっぱいで、スマホにかじりつきすぎる検索魔になりました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。