妊娠・出産・育児の情報サイト


吸引分娩

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産です。

38週の検診で赤ちゃんの体重が3,200gはあると言われ、私が産まれた時の体重は3,300gだっため、なんとなく大きいの予測していました。

38週1日の夜中に破水しました。病院へ駆けつけ、私の出産の時もそうだったようで、母の話(昔の話)では、陣痛促進剤で産むと聞いていましたが今は陣痛促進剤は簡単には使用しないみたいで、結局翌日の朝、少しずつ陣痛も来たのでこのまま様子見て出産することになりました。

 

しかしなかなか頭が見えて来ず、陣痛室に20時間近く、そしてやっと分娩台に移動しました。最後の頭が出て来なかったり、で少量の陣痛促進剤を使いましたが、体力の消耗等ありなかなかうまくいかず、結局一度分娩をストップし、体力温存することになりました。

 

その4時間後くらいに陣痛促進剤を様子見て量を増やしながら分娩再開しましたが、強めの陣痛も来ますがなかなかうまく力みと合わなかったりで7時間くらいの格闘しましたが、それでもうまくいかず…。私は長時間うまくいかない悲しさと、産まれるっと思ってずっと付き添っていた旦那さん、実母に悪いなと思ったり、こんなに出産が辛いものかとは思ってもいませんでした。

最終の医師の判断により吸引分娩をし、それでもダメだったら帝王切開という判断になりました。

大勢の医師や助産師、看護師さんと旦那に囲まれ、吸引分娩のスタートです。

陣痛に合わせ力んだら吸引してもらいます。陣痛促進剤も投与しているのに、なかなか強い陣痛がこなかったりでしたが、先生が一回の吸引で終わるから頑張れという言葉やこれが最後だという周りの声に励まされ、5回以内の力みで無事に出産出来ました!

 

大勢の方に囲まれ、ほんとみんなのお陰で無事に出産出来たと思いました!

体重は3,600gとちょっと大きかったため、大変だったようです。

ポンポンと産まれてしまう方もいれば、私以上の難産の方もいらっしゃると思います。

破水から出産までに約2日と12時間と掛かりましたが、周りには励ましてくれる先生たちがたくさんいます。

本当に辛いし、体力的精神的に苦痛ですが、こんな痛い思いして産んだのだから、これからの育児を頑張らなきゃなと強い意志が目覚めました!!

著者:レオンのママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。