妊娠・出産・育児の情報サイト


高齢出産で初の妊娠。喜びと動揺、不安が交互にきて、とにかく怖かった。出産からその後。

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は、高齢出産で、自宅近くの病院で、39週で初めて子供を出産しました。今から話すことは、ぜひこれからの皆さんにも知ってもらいたくて、投稿しました。

 

高齢出産は産道の開きが悪いなど様々なことがリスクと言われています。私もその一人で、陣痛がきてからは微弱陣痛が1日続き、体力も限界で、赤ちゃんが直前で逆子になってしまい、緊急帝王切開になってしまいました。

 陣痛は人それぞれ個人差がある痛みですが、私は耐えられなく、お腹がどうにかなるのではないか…ぐらいとてつもなく痛かったです。

 

本当に自分が下から産めるのか…どうやって力めばいいのか…。イメージトレーニングまでしてきましたが、あまりの痛さに、それどころではなくなり、とにかく早く安全に子供を産み落としたいという思いが強かったです。

 

赤ちゃんは夜中に産まれましたが、体調が悪く、分娩時に硬膜外血腫と頭蓋骨骨折で緊急で大きい病院に運ばれていきました…。

ドラマであったようなコウノトリのようにNICUにて治療になりました。産科では問題なく産まれた赤ちゃんと母親、そして不安を抱えて治療中の赤ちゃんと離ればなれの母親が一緒の病室でした。

精神的にも参り、毎晩のようにトイレやお風呂番場で泣いていました。

 

何故高齢だからこんなことになってしまったのか?私の体が悪かったのか…。もう育児他すべてに悲観的になり何も見えなくなりました。

 出産はもっと喜ばしい出来事のはず。子供に何てことをしてしまったのか…自分を沢山責めました。正常に産まれた子供の声や顔、母親、家族の言動が聞くのが嫌になり、病室を変えたいとさえ思いました。

 

そんな悲観的になっていた私を支えてくれたNICUの看護師医者にとても救われました。配慮の仕方すべてに思いやりがあり本当に勇気付けられました。

 

お風呂の入れ方、おむつ交換他、自信をなくしていた私に、優しく丁寧に寄り添って話をきいてくれたり本当に感謝しています。

今は子供は元気に成長しています。お世話になった家族や病院の関係者にお礼を言いたいです。

 

出産は正直、喜ばしいことだけではありません。様々な体験をされて育児に入っている母親たちも沢山います。これから出産する方は不安な毎日を過ごしていると思います。

 

出産は女性にとって、命と同じくらいにとても大事なものです。様々な体験をすると思いますが、私も頑張って赤ちゃんと向き合っています。一緒に頑張りましょう。どんなことがあっても、赤ちゃんと母親は一心同体。赤ちゃんにはお母さんが絶対に必要です。

 

赤ちゃんも一生懸命産まれてきます。お母さんも赤ちゃんと一緒に女性でしか味わえない出産という大仕事を頑張りましょう!

著者:ゆいちゃん

ハンバーグがとても大好きです。

旅行も好きです。

 

趣味は運動したり今はあかちゃんと一緒に散歩したり活きたい所を考えて、毎日

一緒に生活を楽しむことです。

 

それと両親と一緒に赤ちゃんと遊んだりしていろんなことを話すことです。

 

買い物することも大好きです、とくに安く生活費を、押さえることに生きがいを感じています。

  

好きな動物は犬です

 

嫌いなものは、虫…すべて苦手。

 

料理は手作りです…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。