妊娠・出産・育児の情報サイト


予定帝王切開

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は、妊娠36wの検診時に、児頭骨盤不均衡(じどうこつばんふきんこう)といって、お母さんの骨盤より赤ちゃんの頭が大き過ぎて産道が通る事が出来ず、自然分娩が難しいと診断されました。

私が通っていた病院では手術の日が決まっていたので、日取りはこちらでは決められませんでした。

予定日より17日間早く、37w4dに予定帝王切開で出産しました。

 

【出産前日】

お昼前に入院。手術が始まる前に陣痛が来たら、自然分娩します!と言われましたが、陣痛の気配無く1日が終わりました。

 

【出産当日】

お昼前 剃毛、尿道に管をいれる。

12:40頃 病室で麻酔がかかりやすくなるための注射を二本打つ。

12:50頃 車椅子で旦那さんに見送られながら、手術室へ向かう。

 

手術台に乗り、下半身だけに麻酔をかける為、腰に二本打たれる。

この時に先生はお腹をつまみながら、痛いですか?と麻酔が効いているか?の確認されました。

 

酸素チューブからも麻酔が入り、意識が遠のく。

段々と目の前が真っ白になっていき、ベットから落ちそうなくらい体全体が重く感じました。遠くで先生と誰かが話しているのが聞こえてました。

 

13:12

真っ白になった目の前が歪んだ時に、産声が聞こえました。

 『産まれたよ!元気な男の子!お母さん頑張ったね!』 

3,590gの大きな男の子でした。

赤ちゃんがとても泣いていたのを、かすかに覚えています。意識が戻って来つつある中で、赤ちゃんは体を拭きに別室へ移動されていきました。

 

意識が完全に戻った時に、お腹が縫われる感覚を味わいました。

麻酔は効いてますが、少しずつ麻酔が薄れているからか、どんどん痛くなり、それが圧迫されるような痛みが続きました。

 先生から

「聞こえますか?終わりましたよ。頑張ったね。」

普段無口の先生から、優しい一言をもらって、泣きそうになりながら、ありがとうございましたと声を振り絞りました。

 

手術室から処置室に移動する時に、産まれた赤ちゃんに初めてご対面しました。

初めて我が子を見た時、号泣しました。

 

14:30頃、処置室で落ち着く。

悪露が出てる為、紙おむつを履かされました。尿管つけて、血圧測ったり、子宮収縮する点滴打ち、足はむくみ対策で靴下と空気圧の何かを履きました。

 

ここからが本当に辛かったです。激痛で、お腹に力入らない。痛くて横向きになれない。仰向けに寝るけど、こんなに辛いとは思わなかったです。

 

1時間ごとに問診と血圧、心電図検査。後陣痛のようなもの?で、痛みでずっと寝れませんでした。

 

20時に血液サラサラにする注射。1時に同じ注射、12時間後にまた注射。夜中1時に同じ注射。計3本。おかげで、腕は注射針の痕たくさんでした。

 

翌朝先生に診てもらい、特に問題無かった為、病室に移動しました。

この移動の度に、お腹に激痛。全く力が入らず、痛過ぎて涙が止まらない。トイレもままならない。ほぼベットで休むしかないくらい。

でも動かないと痛みが引いていかないからと、頑張って動いてました。

 

赤ちゃんと初めて触れたのは、産まれて2日後。初めて抱っこしたのは、そのまた2日後でした。

 

お腹がぽっこりと、まだ妊娠しているように膨らんでいました。

調べてみると、産道から産まれてない体は、脳が出産したと認識していない為、お腹がそのまま膨らんでいるそうです。

 

出産費用に関しては、自腹18万でした。

ですが、個人的に生命保険に入っていたので、プラスになっています。

著者:匿名

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。