妊娠・出産・育児の情報サイト


まさか自分が…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私達夫婦は早く子供が欲しくて、入籍したのを期に避妊を辞めました。しかし結婚式や新婚旅行が終わっても出来ません。結婚式から4ヶ月後から基礎体温を計り始め、6ヶ月後から排卵検査薬を使い自己流でタイミングをとっていました。

ストレスからか生理もちゃんとした周期で来てたのに、1ヶ月半くらい来なくなったりしていました。

 

結婚式から8ヶ月後、思いきって不妊治療専門の病院へ行くことに決めました。原因は何なのか探る為に色々と調べました。そしたら私に多嚢胞性卵巣症候群(卵巣の中に何個も卵子が出来て排卵しにくい症状)、右卵管閉塞が見つかりました。

旦那はフーナーテスト(精子が元気か数は正常かどうか)しましたが異常なし。私に原因があることが分かりました。まさか私が…。まだ若いのに…。と自分を責めました。

でも責めてても子供は出来ないので、生理周期に合わせて病院通い。卵子が沢山できてしまうと卵子の小さいもの同士が邪魔をし排卵するまでの大きさにならず、排卵しにくいということでした。

生理5日目から卵子を1つだけでも大きくし正常な卵子を作るための薬を飲み、生理から12~16日後に正常な卵子があるかどうか、いつ、どっち側から排卵するかを分析してもらい、排卵誘発剤を打ちタイミングを取る。生理から14~20日後に排卵したかどうか確認してもらう、を3ヶ月行いました。

 

私は幸運にも通い始めて3ヶ月で待望の赤ちゃんを授かることが出来ました。でも不妊治療って思っているより精神的にも肉体的にも大変で、何回声出しながら泣いたか、何回もうタイミング取るの嫌だと思ったことか…。

 

でも思いきって行動したことで新しい命を授かれたので、迷ってる人はぜひ行動にうつして貰いたいなと思います。

著者:匿名希望