妊娠・出産・育児の情報サイト


気をつけていたのに一人目同様切迫早産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は子供が二人います。

 

二人目妊娠中は、一人目のときに切迫早産で10日ほど入院したのでかなり気をつけて仕事も早めにやめて、割とゆっくり過ごしていたつもりです。

 

30週までの検診ではいつも、「順調ですね♪」と言われていました。

その30週の検診で、

「お腹の張りとかありますか?」と聞かれ

「たまにあります。すぐに治りますし痛みもありません」

と答えると「内診で見るね」と言われ内診室へ行くと

「やっぱ子宮頚管が短いね、入院だね」

と言われました。

 

気をつけていたのでまさか今回もなるとは思いもせず、上の子もいるので難しいと

伝えると

「強制はしないけどなにかあったら後悔するのはお母さんだよ」

と言われその通りだと思いました。

 

母、旦那に伝え日中上の子は保育園に行っているので交互の送り迎えでなんとかなるといってくれ、その日のうちに入院しました。

 

点滴、病院の静かさ、大部屋なのですぐ横のカーテン越しに人の息をする音が聞こえてくること、質素な味気のないご飯、なにもかも嫌でした。

 

なによりも面会に来た上の子との別れ際です。泣く姿をみてごめんねごめんね、と思っていました。早く産んでしまった方が、私も上の子も悲しい思いをしないのではないか、など間違ったこともたくさん考えていました。

 

結果36週で退院し、自宅へ帰り一週間後に産まれたのですがテレビやネットで早産の子供の障害などを見ていると、私は自分ためになんて酷いことを考えていたのだろうと反省しました。

上の子に寂しい思いや悲しい思いをさせたぶんもっともっと愛情をそそごうと思いました。

 

子供は2人ともとてもかわいいですが、切迫早産は体質もあると聞いたので、入院はもうこりごりなので、2人で充分。

たくさんの愛情を注ぎたいと思います(^^)

著者:あすまま

3歳と0歳の母です。

はちゃめちゃで大変な毎日ですが、とても充実しています(^^)

なにもなかった私にできた唯一大切なものです。

子供は宝だとよく言ったもんだうまい!

と思います(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。