妊娠・出産・育児の情報サイト


新婚旅行!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

新婚旅行は結婚式の約1ヶ月後を予定して何ヶ月も前から準備していました!

行き先は沖縄で、滞在期間は1週間。海にも入る予定だったのですが…。

出発のちょうど1か月前頃に生理かぶったら嫌だなと思いつつ、予定日を1週間すぎてもこなかったので試しに検査薬を使用しました。結果はなんと陽性!

そんなに簡単に出来るとも思っておらず、嬉しいビックリどうしようの感情がいろいろと混ざってパニックでした。(笑)

 

とにかく病院へ行き妊娠2ヶ月とのことですぐに旦那、親に連絡しました。

その後つわりがはじまり、思った以上に辛く水も飲めず…。ケトン体3+で点滴通院をしました。

 

内心「新婚旅行とか無理」と思ってましたが、すでにお金を払っていることと楽しみにしていたこともあって行くことに。

病院の先生からはしぶしぶOKをもらい、吐き気止めの薬をもらい、現地の病院を教えてもらい、前日まで点滴をして出発しました。

もちろん予定していた海や離島をキャンセルしたのは言うまでもありません。

 

そして行きの空港で吐き現地のホテルでも吐き観光地のトイレではときどき閉じこもり帰りの飛行機の中でも吐くという、吐いてしかない旅でした。

でも結果的には行ってよかったです!

 

最初はカツカツのスケジュールでしたが、それをゆったりしたスケジュールにし、最悪行かない!という余裕も持ったおかげでとても気分転換になったし楽しかったです!無理をしないように旦那にも気遣ってもらえて嬉しかったです。ひたすらホテルと車の中は寝る。ということもあり、すこし申し訳なく思いましたが、そのおかげが行きたい所やりたいことはだいたいできたしいい思い出になりました!!

 

この旅行での私の対策としては

・常に袋を持っている

→吐けるという安心感から気持ちが楽になる

・医者から吐き気止めをもらった

→効果は?でしたが、これも飲んだら気持ちが楽になりました

・スケジュールの見直し

→旦那を説得してとんでもなくゆったりなスケジュールにした。このおかげで1日動けなかった日もありましたが、元気な日に多めに回ったりとかできたので。ストレスになりませんでした。

・眠い時は我慢せず寝る

→車でもホテルでもどこでも。体力が回復した気がします。

・しめつけの服を着ない

→もうすでに普通のブラではなく授乳用シャツのパット付きのみでした。胸が垂れる!とかそんなこと言ってられませんでした(笑)

・ゆっくり歩く

→お腹が張ったり息切れしたり疲れたりするので私のペースで歩きます。旦那はゆっくり歩けない人でしたが頑張ってくれました。

・ホテルの人や行き先で妊娠中であることを伝える。

→妊婦様みたいで嫌!という人もいるかもしれませんが何かあった時に助けてもらわないと困るのは自分と我が子です。

何もなければそれで良しなのですから伝えて損はないと思います。

・荷物は全部旦那が持つ

→ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

とにかく無理をしないように心がけました。

反省点としては匂い対策です。

 

まだ何の匂いがダメか把握しておらず、最初のホテルは少しお高めのホテルにしたのですが廊下やロビーの独特の匂いにやられました。こればっかりは行ってみないと分かりませんがほんとにつらかったです。息を止めて途中のトイレまで早歩き、さらに吐く。ということをしてました。あとは洗濯洗剤の匂い。ホテルでジェルボールを貰えたのですが、匂いがきつくてどうしようかと思いました。

 

新婚旅行後の翌日には検診に行き、何事もありませんでした。その後何度か点滴に行きましたが、無事つわりも終わり出産することも出来ました。

旅行は今後2人で行けなくなると思うので迷っておられる方は主治医とよく相談し、旦那様ともよく話し合って無理のないようにして行くことをオススメします。つわりがあってもなくても、安定期に入っていても無理は禁物です!

著者:pipipi

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。