妊娠・出産・育児の情報サイト


助産院での分娩

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は産婦人科ではなく、助産院での分娩を選択しました。

母も助産院で出産したため知っていたこともありましたが、なにより会陰切開のない自然分娩を希望していたため妊娠初期から助産院でお世話になりました。

 

助産院では医療行為を行えないから検査等が不十分になるのではないかと思われがちですが、委託の大きなクリニックでの定期検診へもしっかり行き、大変健康な状態でお産に臨むことができました。

 

妊娠後期には事前に会陰保護のためのクリームを先生からいただいたり、

安産教室もあり、ビデオでの事前教育と実際に陣痛が来たときの呼吸法、出産のときの体勢をとるなど出産前から手厚いサポートでした。

 

私の陣痛が来たのが39週2日の午後6時半。初めての出産だった為、これが陣痛なのか分からず一応助産院へ連絡しました。

午後10時、7分おきの痛みになり、初産だからまだまだだろうと痛みを流す呼吸法で時間を過ごしていました。

 

日付が変わって午前0時、5分おきの痛みになったため、助産院に連絡し母に産院まで送って行ってもらいました。午前0時15分に着いた頃には2〜3分おきの痛みになっていました。

 

すぐに内診をしましたが、子宮口は6センチしか開いておらず、ひたすら耐えることに…。先生からは「部屋で寝てもいいし、ロビーを歩いてもいいし、座っててもいい。とにかく自由に楽にしなさい」と言われたので、私は窓枠につかまってうめき声を上げていました。

 

午前3時の内診で、なんとまだ6センチのまま…。気が遠くなりました。

私自身が夕方からの陣痛に疲れて痛みが7分おきに遠のいてしまっていたのです。 

「1回休みなさい」と先生に言われて、布団に横になりましたが、立っているより激しく痛み始めた為、耐えきれずにまた立って時間を過ごすことに。

 

午前8時の内診でやっと8センチに!

それでも先生からは「まだまだ」と言われ、眠気と痛みで意識が朦朧としてきました。そんな中破水破水したら赤ちゃんがおりやすくなると言われていました。

それは本当で破水後から急に痛みがまた強くなりました。

 

9時になり、まだ出てきそうもなかったので立ち会いに来てくれた旦那に掴まりながら激痛の中ロビーを歩く羽目に(泣)

これは先生からの指示で

既にフラフラでお産まで私の体力が持ちそうもないことと、先生がご飯を持ってきたのにそれも口にできないので、お産を進ませよう作戦で歩き回るというものでした。

 

お散歩効果は即効で、みるみるうちにこれまでに無かった激しい痛みに!!!立っていられず自然といきんでしまうような腰が砕けそうな、、、言葉じゃ表現してもしきれない痛みです!

 

そのおかげで午前10時には分娩台へ誘導されるくらいばっちり陣痛のピークがきていました。もちろん子宮口も全開。

 

分娩台に上がってからは、先生の指示通りに体を横向きにしたり、仰向けにしたり、赤ちゃんが出てきやすいよう、また出口が切れないように会陰保護しながら上手にいきませてくれました。

 

そして午前10時35分、陣痛が来て16時間半、2908gの元気な男の子を出産しました。

 

出血も少なく、会陰も傷つけることなく分娩台に上がってからは先生のサポートもあり、かなりスムーズなお産になりました。

 

ドゥルンと出てきたときは陣痛からの解放からのスッキリ感がすごかったのと、すぐ下で聞こえてくる産声に感動したのを覚えています。赤ちゃんの身体を拭いてすぐに私のお腹の上に乗せてくれました。とてもとても暖かかったです。

今までお腹の中にいたんだと思うと、私のお腹を卒業してしまった寂しさと、生まれてきてくれてありがとうという気持ちで涙が出てきました。

 

私は子供が大好きでみんなかわいいと思っていましたが、自分の子供は格別に可愛いものだなぁと痛感!

子供は大きくなったら忘れてしまうけど、母親にとって子供がお腹にいた時間はずっとずっと宝物です。

著者:まな

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。