妊娠・出産・育児の情報サイト


旦那への不満と付き合う方法

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は旦那に不満ばかり抱いていました、

それは、妊娠してからずっとです。

男と女の、親としての意識の芽生え方が全然違うので仕方ないことかもしれません。でも、ちっとも私の体気遣ってくれないし、まだ赤ちゃんいらなかったって言われたこともありました。旦那は出産に対してとても後ろ向きだったのです。

 

そのうち会話は減り、これじゃただの同居人だなぁとさえ思っていました。でも、生まれたらきっと、赤ちゃんのことも可愛がってくれるだろう!と信じて、ただ耐えている生活でした。

そんな最中、あることがきっかけで旦那の浮気(未遂)が発覚。こんな酷い仕打ちあるか?と離婚を考えましたが、反省の意が見られたのでかろうじて思い留まることにしました。

 

それからというものは、今までより会話は増え、浮気発覚前より関係は良くなっていったように思います。

そしてついに出産。立会いしない予定だったのに、21時間ずーっとそばにいてくれて、立会いしてくれました。旦那が立ち会うとイライラするとか良く言いますが、私の場合はこの人こんなに頼りになるんだ!と感心しました。

そして旦那は、私の苦しむ姿をよく見て、感動の涙とは行かないまでも、何か感じるものがあったそうです。赤ちゃんが実際生まれてみると、まあその瞬間からデレデレ。産後病院で過ごした1週間は、私と赤ちゃんの写真より旦那と赤ちゃんの写真の方が断然多かったです。

 

産後は里帰りせずに生活しました。

赤ちゃんとの初めての生活。私も旦那も分からないことだらけ。そして、うまくいかないことだらけ。お互いに不満が溜まっていきます。新生児期を過ぎると、少し余裕が出てきた分、育児以外のことで不満が出てきます。

飲み会の回数、帰りの時間が遅い、朝ごはんのために起こされるなど…自分のことくらい自分でやって!そして私と子どもが家にいるのに、なんでそんなに外に出て行くの!?早く帰ってきてよ!?私は常に赤ちゃんと一緒じゃないといけないのに…!

また浮気でもしてるんじゃ!?と、不満だらけ。よく喧嘩をしていました。

 

赤ちゃんが3ヶ月になると、今度は生活リズムも定着してきて、赤ちゃんにも表情がついて、とても明るい毎日になりました。旦那は育児にとても協力的になり、喧嘩もほぼしなくなりましたが、私は毎日、浮気してるんじゃなかろうか…といてもたってもいられませんでした。旦那の携帯が鳴るたびに流し目でチェック。気になりイライラ…。とてもストレスがたまりました。

 

ですが4ヶ月の今、我が家はとてもハッピーです。喧嘩もなく前より断然会話が増え、お互いを思いやる気持ちができ、笑い声が増えました!

 

前置きが長くなりましたが、私がやったことをお伝えします。

 

一つ目は、時間をあける。

二つ目は、時間を作る。

三つ目は、楽しく育児をする。

四つ目は、想像を膨らませる。

五つ目は、どーんと構える。

 

一つ目の「時間をあける」は、カッとなったときの対処法です。赤ちゃんの前で喧嘩をしたことがありました。赤ちゃんはその時は泣きませんでしたが、その後沐浴の後に顔を真っ青にして体を震わせていました。赤ちゃんは温めてあげて落ちついたからよかったものの、気づかされました。

まだ0ヶ月の赤ちゃんでもこんなに敏感に感じ取ってしまうんだと。それ以来、必ず時間をあけるようにしています。そうすればカッとなったときの感情を整理でき、自分の気持ちをまとめて要点を的確に相手に伝えることができるようになりました。

そのおかげで私の気持ちを知ってもらいやすく、相手も思ってることを率直に話してくれてお互いに向き合うことができました。

 

二つ目の「時間を作るは」夫婦の時間を作るということです。

赤ちゃんを寝かしつけて私は寝る、旦那はテレビ見て起きてる日々が続き、赤ちゃん中心の生活で夫婦2人だけの時間というものがありませんでした。ですが生活リズムが整ってきたころに、意識して夫婦の時間を作るようにしました。

一緒にテレビを見るなり歯磨きを並んでするなり、そんな些細なことでしたが、そこで会話が生まれるようになりました。

 

三つ目の「楽しく育児をする」は旦那がなかなかオムツを替えてくれなかったり、育児に対して非協力的だった時に行ったことです。私がまず楽しそうに赤ちゃんと触れ合って、楽しそうにオムツ替えをします。そうすると、旦那は率先してやってくれているではないですか!これはしめたと思いました。元々は大変だと思いながら育児をすると自分がきついから、自分を騙すつもりで、大変でも楽しくやろう!と始めたことです。これが、相乗効果を生みました!

 

四つ目の「想像を膨らませる」は、相手の気持ちを考える、思いやる、ということです。そうすることによって、不満に思ってる時は自分だけじゃない、相手も自分に対して不満に思ってることがあるはずだ、とまず相手のことを思いやることができるようになりました。

 

五つ目の「どーんと構える」は、私限定かもしれません。

浮気してるんじゃないかと毎日気を揉んでいましたが、ある日思ったのです。こんなこと、考えて疑ってたってどうしようもないじゃないか!と。それからは「浮気できるならしてみなさい、大好きな子どもと一緒に住めなくなるよ」と、どーんと大きな気持ちでいることにしました。そうすることにより、自然と気が楽になり、相手に対して優しい気持ちになることができました。

 

以上のことから、私の旦那に対する接し方が少しずつ変わり、それを感じたのか旦那の対応も少しずつ変わり、今はとても良い関係を気づいています。

お互いに思いやりの気持ちを感じながら、とてもハッピーな生活を送っています!

 

みなさんの中にも同じような悩みを抱えているかたがいましたから、どれか一つでもお役に立てると幸いです。

著者:なな

第一子育成中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。