妊娠・出産・育児の情報サイト


予想を超えた悪阻

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

去年の12月に娘を出産した新米ママです。少しでも私の経験が参加になればと思い投稿させて頂きます!

 

去年の3月末、妊娠かなと思いネットで調べた近所で人気だった産婦人科へ行きました。院内は綺麗で先生も気さくな方で、妊娠が判明した時は本当に嬉しかったです。

 

しかし妊娠が判明してすぐ悪阻が始まり、一日中トイレにこもる有様。予想していた悪阻のレベルよりかなり辛く、理解してくれる人も周りにおらず苦しい毎日でした。

唯一頼れる産婦人科の先生には、悪阻は気の持ちようと言われてしまい、取り残されたような気持ちでした。

しかし2週間後、大学病院から非常勤で別の先生が来ており、たまたま診てもらいました。検査後、即入院レベルの悪阻と言われ、車椅子まで用意される始末。入院も考えましたが、家で自分のベッドで寝たほうが楽かなと思い、相談の結果毎日点滴に通うことになりました。

 

点滴は劇的に症状が改善するものではありませんが、辛い状況を分かってくれる人がいるということだけでも気が楽になりました。今なら気の持ちようと言った先生の言葉も分かるような気がしますが、初めての妊娠で何もかもが不安で仕方ない時は本当に辛かったです。

その後7ヶ月まで悪阻は続きましたが、お腹の子は順調に成長し、無事に出産できました。

 

やっぱり悪阻は経験しなければ女性でも理解できないのかと思います。自分なりに乗り越える方法を試行錯誤しましたが、これっというものはないです。

でもビタミンB6を摂ると少し楽になりました。親友が悪阻真っ只中なのですが、私が飲んでいた栄養ドリンクを箱買いして飲んでいるそうです。もし今悪阻で苦しんでいる方はぜひチョコラBBのドリンクはオススメですよ★

著者:るん

昨年12月に娘を出産した新米ママです。最近は離乳食も始まり、動きも活発になってきたので目が離せなくなってきました!社会復帰もしたので、毎日あっという間に過ぎていきますが、たくさん笑ってくれる娘に毎日癒されています★

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。