妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠中の仕事と旦那のいない生活

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初めての妊娠は流産。悲しみを乗り越え3年後2回目の妊娠。

旦那と喜ぶ中、妊娠3ヶ月目に入るころ旦那の出張が決まり1人の生活になりました。

私は保育園で働いていて、職場の方は理解してくれて、とても喜んでくれています。

 

保育園ということで、常に動いたり、立ちっぱなし、抱っこもすることも多かったです。子どもからお腹を守らなければならない、などゆっくり過ごすことはできない仕事で、力仕事。流産しないか初めは毎日心配でトイレに行くたびに出血がないか確認して、安心していました。

 

家に帰ると旦那はいないので色々困ることもあり、旦那は心配してくれていますが、私は自分のペースで家事をしたり、1人の時間をゆっくり過ごし疲れをとっています。笑

 

妊娠が分かり仕事を辞めるか迷いましたが、仕事をしていたおかげで、毎日忙しく、気がまぎれていたのか、ほとんどつわりもなく、気づけば、気分が悪いと思う時は、たいてい仕事が休みで暇な時でした。

 

そして現在妊娠8ヶ月、働いていることもあり体重も妊娠前から+3キロほどでおさまってます。

お腹も結構出てきた為、仕事もできないことが増えたり、周りの先生方にも気を使わせてしまうので仕事は今月で辞めます。

旦那はいなかったけど、毎日子ども達の賑やかな声の中過ごしていたので赤ちゃんも寂しくなかったかと思います。

 

旦那がいない、仕事が大変、流産の心配、初出産なので色々な心配事はありましたが、その寂しさ、大変さを上まわるメリットが仕事を続けること、1人の生活を送ることで得る事ができました。

 

今後、仕事を辞めた生活の方が太らないか心配ですが、実家にお世話になりながら、赤ちゃんの誕生を心待ちにしたいと思っています。

著者:匿名希望