妊娠・出産・育児の情報サイト


サッカーの試合

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初めて胎動を感じたのは、5ヶ月の後半くらいにサッカーJリーグの試合をテレビで見てた時です。

パパがサッカー観戦が趣味なので、テレビでもパソコンでも観戦。妊娠前も妊娠初期も、実際のスタジアムに観戦しに出かけてました。

ホイッスルが鳴るたびに、ポコポコ。

最初の方は可愛らしくポコポコ。

それに合わせて、ママもパパもお腹をポンポン叩いてあげると、さらにポコポコ。

そして、月齢が進むに連れて、ホイッスルや歓声、実況に合わせて、ボコボコボコ!

さすがにキック力が強くて痛くなってきたので、パパも一緒に蹴られた所をなでなで。

歓声に合わせて、ぐるんぐるん。

もう耐えるしかないので、ママはひたすらなでなでしていました。

 

そして6月。

ワールドカップが開幕して、毎晩サッカーの試合を観るようになってからは、寝ようとしてるにも関わらず、ボコボコボコボコ!!!!

痛みに耐えられないくらいのキック力にさすがにママもダウンして、寝転びながら90分間撫でるしかできない…

(ハーフタイムに入ると、シーーン)

大好きなサッカーの試合、そしてワールドカップの中継だけに、テレビを消してとパパに言うのもかわいそうなので、ママ耐える。

お腹の中でサッカーでもしてるのでしょうか…っていうくらい活発そのもの。

 

もちろん、性別は男の子でした。

 

パパは大喜び!一緒にサッカーするんだ!ってなって、試合もたくさん見せて(聞かせて?)好きになってもらうって張り切ってます。

ママは日に日に激しくなる胎動とワールドカップを観たい気持ちに挟まれながら、毎日寝転んで観戦することに…

感じる胎動はサッカーの試合を見てるときが圧倒的に強く、激しく動きます。

サッカーやらなければ!!っていう気持ちでいてくれてるのかなー。

 

産休に入り、ワールドカップもたくさん観られるという楽しみが、まさかの激しい胎動との戦いになるとは。

ガンバレ、日本。

4年に一度のワールドカップがとても思い出深いものになっている、妊娠後期です。

著者:ゆーー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。