妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠4週目。いつもと違う体の変化にピンと来た!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

もともと子どもが大好きなわたしたち。結婚したら早く子どもが欲しい!という思いはあったものの、入籍から結婚式、新婚旅行などのイベントには時間をかけ、のんびり計画して行っていたため、子作りは新婚旅行からにしようと、夫婦で決めていました。そして結婚して10ヶ月が過ぎたころ、11月末から念願だったドイツの旅行に10日間行ってきました。観光やグルメなどを存分に楽しみ、新婚旅行と同時に子作りもスタートしました。

 

新婚旅行から帰国したのは12月に入った頃。思い出に浸りながらも、またいつもの日常に戻りました。しかし、帰国して5日後、朝起きると突然の寒気に襲われました。12月の寒い時期ではあったものの、温かいはずの家の中で、あまりの寒気に毛布に包まって横になりましたが、全く収まる気配もなく…。

インフルエンザに罹ったときのようなぶるぶると止まらない寒気に風邪を疑いましたが、寒気以外には特に症状はなく、主人を仕事に送り出した後で、わたしもなんとかパートに行きました。働いている間は特に体の不調もなく、「朝の寒気は何だったんだろう」と疑問に思いながらも、夕方には仕事を終えて家に帰りました。

 

次の日には前日のような寒気は全くなく、この日もいつもと変わらず朝から夕方までパートに行きました。この日は金曜日で、主人は仕事後飲み会の予定。わたしはパートの仕事が終わったあと、いつもなら買わないちょっと高めの美味しそうなお弁当を買って帰ろうとしました。

しかしお弁当売り場に行くと、いつもは「美味しそう~」と思うお弁当たちに全く心惹かれず…「なんだか、どれも食べたくない」という気分になったのです。特に気持ち悪いわけでもお腹が痛いわけでもないのに、なんとなく食べたくない。仕事後の夜の6時過ぎ、いつもならお腹が空いて「あれ食べたい!これ食べたい!」となるのに、どの食べ物にもなんだか惹かれないという感じでした。

 

そして帰り道、駐車場まで歩くときに自分の足に違和感を感じました。太ももの付け根あたりが少し痛い。そんないつもと違う自分にピン!ときて、家に帰る途中の薬局で妊娠検査薬を買って帰りました。

家に帰ってひとまず買ったお弁当を食べるも、あんまり進まない。大好きな温かいルイボスティーを淹れてみるも、「あれ?おいしくない」。そういえばあと数日で生理予定日だけど、いつもなら生理前に必ずある胸の張りや痛みもないし、生理前に必ず荒れる肌も全然荒れていない。

 

やっぱりいつもと違う自分を疑って、夜ご飯後、飲み会で主人がいない一人のうちに妊娠検査薬を試してみました。すると使用してすぐに薄っすらと2本の線が!「やっぱり!!」という気持ちと、「ほんとに!?」という気持ち、嬉しさや戸惑い、疑いなど様々な気持ちが入り混じっていたのを今でもよく覚えています。この日は新婚旅行から帰国して6日後、前回の生理日から計算すると、妊娠4週と2日。2日後が生理予定日でした。

 

子作りをスタートする前から、早く子どもが欲しいと思っていた私は、よくネットで「妊娠初期症状」を調べていました。そこに書かれていた症状は様々ですが、よく覚えているのは「熱や体のだるさ、のどの痛みなど風邪によく似た症状」や「胸の張り」「肌荒れ」「胃もたれや気持ち悪さ」「足の付け根の痛み」でした。

しかし、私の場合は寒気があったものの風邪のようなほかの症状はないし、いつも生理前に必ずなる胸の痛みと肌荒れも全くない。なんとなく食べ物いらないという不思議な感じと、唯一当てはまったのが足の付け根の痛みでした。このときに思ったのは、「妊娠初期症状は人それぞれ。ネットの情報だけではない」ということです。

 

妊娠に気づいてからはあっという間につわりの症状が現れ、主人には初診で胎嚢を確認できてからサプライズ報告なんてことをしたかったのですが、そんな余裕もなく発覚した数日後には報告しました。時間が経つにつれて、船酔いのような気持ち悪さや吐き気、胸の張りや痛みも酷くなり、足の付け根の痛みもどんどん増していきましたが、無事に胎嚢や心拍も確認し、何事もなく順調に妊娠生活を送ることが出来ています。

 

初期のころは、つわりの辛さとちゃんと育ってくれるかの不安で毎日が長く感じていましたが、そんな私もあっという間に妊娠9ヶ月です。あと2か月以内には我が子に会えると思うと毎日ワクワクしています。

著者:Momoko

24歳で7歳年上の彼と結婚。

子どもが大好きな、現在専業主婦。元保育士。

只今第一子を妊娠中。2018年8月出産予定。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。