妊娠・出産・育児の情報サイト


ごめん全開

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産ですが、予定日より10日早く産まれました。

夜中0時にチョロチョロ破水して、産婦人科へ行き、陣痛を待ちました。

助産師さんからは、おそらく明け方になるだろうとのことで一旦夫は自宅へ、そして仮眠したそうです。

でも、2:30頃から本格化して、急いで電話するもでない^^;寝てる?

何度もかけたら繋がり来てもらえました。

 

陣痛を痛がってると、初産だしまだまだと思われていたようで、助産師さんに「そんなに痛がってたら赤ちゃんかわいそうよ」と言われました。

我慢してたけどやっぱり痛くて伝えると「じゃあ念のため1回見てみよう」と言われ診たら、

「ごめん子宮口全開!」

といわれ、そのままお産へ。

ずっこけました。でもよかった、やっぱり痛かったから。

 

助産師さんも優しくて、私を励まそうとしてくれてたんだと思います。

この痛みで全開でよかった、と心底思いました。

 

そこからはバタバタで、分娩台でながーく息を吐く呼吸法で痛みを逃していたら、夫も無我夢中で頑張ってくれていて、まさかの一緒に呼吸法をしちゃって、途中酸欠に笑。

気がついたら隣で椅子に座ってました。笑えました。

 

陣痛からわずか3時間で出産となり、スーパー安産でした。

助産師さんの「ごめん全開」の言葉は一生忘れられません笑。

そしてこの度第二子妊娠中です。第二子は半分の陣痛時間と聞くので、いまからドキドキです。

間に合わず自宅出産にならないよう気をつけたいと思います。

著者:マルコフ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。