妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩にしたはずなのに、出産直前はとてつもない痛さに!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私自身は高齢出産。そして親も高齢で里帰りをしなかった為、産後の回復が早いという、無痛分娩にしました。

無痛分娩にしたので入院まで余裕をぶっこいてた私…。

前日から入院し、カテーテルを背中に。「痛い!」って思いながらも出産は無痛だからと我慢我慢。

腕にしてる点滴の針も痛いし…。でも我慢我慢。

関連記事:辛い陣痛に待ちわびていた天国がやってきた! 硬膜外麻酔で、余裕の無痛分娩スタート by ぺぷり

陣痛が始まっても薬を入れてもらったため、我慢できる痛み。

「さすが無痛!」とまだ余裕ぶっこいてた私…。

いざ、出産の時!右っ腹が痛い!

もうお腹の中で大きいですねと言われていた娘は出たくないのか必死に抵抗していた様子。何かが引っかかってる感じの痛さでした。その痛みと戦いながら「でもきっと自然分娩ならもっと痛いはず」と自分に言い聞かせてました。

とてつもない痛さに薬を入れてもらうがもう効かず…。

必至にリキみましたが出てくる気配もなくただただ右っ腹が痛い!

最後は吸入で先生がお腹を押して出産。

陣痛がMAXの時は「無痛分娩にしたのに~!痛かったよ(泣)!」と怒りさえありましたが、出産して冷静さを取り戻すと「きっと無痛分娩でなかったら帝王切開になっていたかもしれない」と思うようになりました。

関連記事:無痛分娩とはいえ全く痛みを感じないわけじゃない!

産まれた娘は3700g。

大変な思いをしても娘を抱っこした瞬間、全てが吹き飛びました。

無痛分娩でも自然分娩でも帝王切開でも産まれてきた子どもへの愛情は、絶対に変わらないと思います。

無痛分娩でも痛い思いをして産んだ私の体験記でした!

 

著者:JUN

高齢出産頑張りました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。