妊娠・出産・育児の情報サイト


38週で転院…羊水過少により緊急帝王切開

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

36週まで順調に育って、あと1週で正産期。

いつ産まれてももういいんだなぁと、赤ちゃんの誕生を心待ちにしていました。

 

37週の健診の時に、「少し胴回りが小さいなぁ…」と言われました。

でもNSTでも何も異常はなく、体重などもギリギリ平均値辺りだったので、あまり気にしていませんでした。

 

赤ちゃんの状態を見るため、健診とは別にNSTでのモニター検査日も設けました。

至って健康な赤ちゃん

が、38週の健診日になっても体重は増えていませんでした…。

 

私の通っていた産院は経膣分娩しかできない病院だったため、もしものことを考えて38週で総合病院に転院することを決めました。

 

移ってからも体重の増加はあまりなく…。子宮口も全く開いていない。

赤ちゃんも小さいしまだまだ陣痛が来るのも先だろうなと気長に待っていました。

 

40週5日目の健診日のこと。エコー検査をして羊水過少と言われ、そのまま入院することに!

 

私の子宮口は相当固いらしく、まず子宮口の拡張を行って、明日から促進剤を打つことに。拡張の具合をみながら促進剤を打ち、3日後ぐらいに産まれればいいなぁという、長丁場スケジュールでの出産が急遽決まりました。

 

その日の夕方、噂に聞くラミナリアを入れ、痛みと違和感に悶えながら1日を過ごしました。

次の日の朝食前にラミナリアを抜き、さっそく促進剤。

この促進剤で拡張が進めばラッキー。もしダメそうなら次は噂に聞くバルーン…。

 

もしかしたらこのまま産まれるかもしれないんだなと思い、病室で最後のマタニティフォトを撮りました。

 

促進剤を打ち始めて10分。

やけに「旦那さんはいつ来る?」と聞かれ、周りがバタバタし始めました…。

すると先生が入ってきて「赤ちゃんが小さいから促進剤に耐えられなさそうなので、今から帝王切開に切り替えましょう」と…。

 

促進剤を打つことで、何が起こるかわからないので、手術の説明は前日に済ましていました。言われるがままに準備が進んでいき、手術室に向かう直前、気持ちが追い付かなくなり泣いてしまいました。

私の手を助産師さんが握ってくれ、不安が少しでも無くなるよう細かく手術の説明をしてくれました。

 

「がんばらなきゃ!今から会えるんだ!」と気持ちを奮い立たせ、いざ手術室へ。

 

手術が始まると、手術の怖さよりも自分の意思で全く動かせない下半身の方が恐怖でした。

 

産まれてみると、赤ちゃんの体重はなんと1967g…!

身長は46cmあるのに、体重だけすごく少なかったんです。

でも、40週までお腹にいたこともあり、赤ちゃんには何も問題はありませんでした!

 

今は保育器も出て、点滴も外れ、体重増加に努めています!

早く一緒に暮らせることを楽しみに…!

著者:よしみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。