妊娠・出産・育児の情報サイト


ハプニング出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

1月17日の予定を過ぎても一向に産まれる兆しもなく、不安や、周りのプレッシャーを感じながらも過ごす日々でした。

20日、仕事から帰宅した夫は熱・嘔吐・腹痛でダウンし、妊婦の私より先に病院に担ぎ込まれる事に。病名はノロか胃腸炎と言われました。

 

薬をもらい帰宅し夜中まで看病をすると、翌日はだいぶ良くなりました。

私はまだ産まれないし近所の餅つきにでも行こうかなと思い、朝身支度を始めました。するとジョロ!ジョロ!と立ち上がるたびに温かい水がでる感覚が…。念のため病院に行くと「破水してるのですぐに入院して下さい!」とのことでした。

 

昨日熱が出た夫は「院内感染を防ぐ為におかえり下さい」と助産師さんに強制退去。

初めは陣痛もなく暇ので余裕で病院の階段を5階から昇降してました。幸い両実家も近く旦那を除く家族みんなが駆けつけてくれて応援してくれました。

 

午後3時くらいからどんどん痛くなり、痛みの間隔も短くなってきました。

本格的に陣痛が始まり陣痛室に向かうが着いた先は分娩室。

意識が朦朧とする中どんどん処置がすすみ慌てて入ってきた看護婦が「この人じゃないです!」と間違えて点滴を打っていたり、陣痛中暇を持て余した父が陣痛で泣き叫ぶ私を動画撮影してたりとハプニング続きでした。

 

あれよあれよと言う間に陣痛も進み、22日、日が変わった瞬間無事に出産する事ができました。8時間半の出産。

大安・大雪の日でした♪

著者:秋花

人生ネタだらけ♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。