ゼクシィBaby みんなの体験記


まさかの陣痛24時間越え

f:id:akasuguedi:20181011130225j:plain

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

職場が実家から近いこと、事務系の仕事であること、周りに主婦が多いこともあり、家でじっとしてるより運動になるからと出産ギリギリまで仕事をしていました。

ちょうど数ヶ月前に妹が出産したのですが、初産で12時間くらいで産まれたのを知っていたので、姉妹だし、身体を動かしている私の方が早く産まれてくれるだろうと思っていました。

 

職場では毎日のラジオ体操、掃除、階段昇降を意識的行い、通勤も徒歩でしていました。予定日の1週間前に産休に入り、その日の午後に出産に備えて美容室へ。

 

髪も切りサッパリしたなーと思った夕方。

「あら?なんかお腹が痛い?」

陣痛が3分間隔になったら、とは聞いていたので時間を測ってみると15分おきだったり3分おきだったり、5分おきだったり、とバラバラ。

きっちり3分間隔になっていくんだと思い込んでいた私でしたが、妹にもう病院にいかないとダメだと言われ病院へ。陣痛が3分おきにきてるから即入院。

 

しかし、陣痛が3分おきにくるのに子宮口が開かない!!4.5時間で1センチのペースで終わりの見えない過酷な陣痛に助産師さんに助けてくれと何回か涙を見せてしまいました。

お尻にめり込みそうなほどにテニスボールを押し当て、顔面蒼白になりながら丸1日半。旦那には何もかもさらけ出して陣痛に付き添ってもらいました。

破水したあとは出てきそうになる赤ちゃんの頭を押さえてもらいながら陣痛に耐えました。

 

記憶が飛びそうになりながらの出産。叫びはしなかったけど、全身が痺れて唇はかぺかぺ。

あんなに痛かったのに、産まれて赤ちゃんをみたらもう一回陣痛きても大丈夫と思えました。

…女性はすごいなと思います。

著者:はるちゃん

明るい育児をモットーに、毎日楽しく育児をしています。息子0歳といろいろな発見をしながら生活。現在、育休ライフを満喫中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。