妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠発覚した翌週に出血

f:id:akasuguedi:20181015113833j:plain

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

1年半の妊活の末、やっと実った第一子でした。妊娠検査薬で妊娠が判明し、産婦人科の診断も終え、喜びと嬉しさにひたっていたのもつかの間でした。

そのちょうど1週間後、会社に着きさぁ仕事が始まるという頃の時間にデスクから立ち上がった瞬間、生理のように血が出たのがわかりました。

もちろん生理なわけがないのはわかっていたので、その瞬間血の気が引いたのがわかりました。

急いでトイレに行くと、やはり生理のような出血。

おりものシートをひいていたのですが、シートが赤く染まって、端からはみ出し、下着にも少し血が滲んでしまっていました。

 

とりあえず産婦人科へ電話し、すぐに病院へ来るように言われました。

内診の結果、胎児は無事でしたが子宮内に血液がたまっており、その血液のある位置が胎児のすぐ横だとのことでした。

「この血液がいつ下血してしまうかわからない。一気に下血すると、横の胎児も一緒におりてしまう。そうなると、流産です」

と言われました。

「時間がたてば、血液は子宮内に吸収されるので、それを待ちましょう」

ということでした。

 

それからはとにかく安静。入院とまではいきませんでしたが、会社はもちろん、家事もだめ。お風呂はシャワーで短めに。ご飯とトイレ以外は寝ていてください。とのこと。

結局、2カ月会社は休みました。途中からはつわりも重なり、気持ち悪くて動けませんでした。

辛いつわりでしたが、つわりがあるということは赤ちゃんがまだお腹にいる証拠にもなるので、半分安心な気持ちでした。

 

1カ月くらいでだんだん血の塊は小さくなっていき、無事、子宮内に吸収され、きれいになくなりました。

わたしはシステムエンジニアなのですが、妊娠発覚当時システムトラブル対処中で朝早くから夜遅くまで残業をする毎日でした。

出血当日は、暫定対処を終え、これから本格対処に動こうとする日でした。

 

今思うと、これ以上は体に負担だよ、休まないといけないよと、赤ちゃんが警告してくれたのかなぁと思っています。

その後の経過は順調で、無事正産期に出産することができました。

著者:まい

結婚後2年で男の子を妊娠。仕事はシステムエンジニア。辞めずに育休取得中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。